辛抱心

昨日の敗戦は
筆者的には納得していた

 

変化球主体の投手の中でも
ボルシンガーは凄く厄介だと思った

 

何が厄介かというと

 

カーブっすね

 

スライダーとカーブが
同じ速度で来るので

 

あれはね
凄く的を絞りにくいはず

 

凄い山なりのカーブが
125キロ程度の速度で
来るのはある意味
ドロップスライダーみたなもんで

 

バットに当てるというか
ファールするのも厳しい位
ストンっと変化してましたね

 

ストレートに的を絞って
打席に各打者が立ってましたが

 

如何せん変化球で
ストライク先行されて

スライダーとカーブで迷って
更に引っ掛けてしまうという

 

悪循環ですよね

本当にカーブの鉄人というのは

 

 

阪神でも
スタンリッジやメッセが
ギンギンに投げまくってましたが

 

状態が良かったら
本当に打たれませんでしたもんね

 

 

今日の敗戦的には
ボルシンガーにお手上げ

 

これはしゃーないわっと

 

 

それだけボルシンガーの出来が
良かったと思っています

 

 

 

交流戦は残り7試合ですよね

 

もうねww
リーグ戦が恋しくて恋しくてねw

 

 

早く終わって欲しいですよね

 

 

ヤクルトと横浜が

打ち始めましたね

 

この2球団が打ち始めたら
阪神としては実に厄介

 

 

投手陣の安定度はあるのだが
如何せん打撃陣の安定度が
極めて厳しい状況なのが現状

 

 

他球団と阪神との
打撃の大きな差は

 

 

バットコントロール

タイミング

 

この二つなのですが(汗)

 

 

ぶっちゃけ
ロサリオや西岡
高山・俊介辺りが
どこまで修正をして上に来るか?

 

 

これ凄く重要なんだと思います

 

 

ある意味彼達は
修正第一便として
ファームに行ったと
考えても良いと思います

 

 

絶対にファームで
不振の原因を探って
修正に取り組んでいると思う

 

 

タイミングと
バットコントロール

 

 

疲労蓄積が原因なのも
絶対にそこにはあるのですが

 

それ以外でも絶対にある

 

 

緩急に対応すべき
壁の作り方や

アウトコースに対しての
距離感など

 

絶対に

原因は疲労蓄積以外にも
絶対に存在しているはず

 

 

ファームの利点は
焦ることがない事

 

 

状態が良くなるまで
じっくりと修正が出来る事

 

 

ただリーグ再開辺りまでには
ある程度形にしておきたい

 

 

それがロサリオと俊介辺りが
間に合うか?が重要だと思います

 

 

大砲不在
ハイアベレージ打者が
本当に不足している現在

 

もう少しの間

 

我慢の観戦が

続くのかも知れない

 

 

ただ、安打数は酷い状況ではない
本当に決定力が課題であると思う

 

 

スクイズなんてこだわらないで
バンバン振らせるのも一つの手段

 

 

外野フライ打てれば
スクイズはこんなに
やらないよと金本監督の
ボヤキが聞こえて来そうで怖いw

 

 

さて、お知らせです
本日筆者は出張の為
不在となりますので

 

虎心不動の更新はございません

 

今日の試合は
明日お昼に帰宅後に
観戦をして記事に書きます

 

 

今日勝っても
焼きそばはございません

火曜日に1日遅れの
振替え焼きそば投稿焼になりますのでww

 

ご勘弁くださいませ

**************************************

この記事が良かったと思われた方は是非、
ランキング投票願います

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動更新の励みとなりますので、
下の2つのランキングバナーポチっと
宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ    

 

虎心不動のツイッターとFacebookはこちらになります
フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター    虎心不動Facebook

 

虎心不動への質問やご意見は下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々ありますwww

**************************************

 

 

虎心不動超お勧め商品!


富士宮焼きそば最高峰の麺 叶屋の麺!

 

 

虎心不動超お勧め商品!

富士宮焼きそば 一番売れている麺 マルモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ