ショート鳥谷

矢野監督にショートで戦いたいと
直訴した鳥谷敬

 

彼の直訴は今しかないタイミングだった

 

 

金本内閣崩壊にて
若虎育成完全モードに
ある意味節目を迎えた感がある

 

 

確かに凄い改革だった

凄い育成だった

 

 

その反動は当然
ベテランや中堅の虎に
ガッツリと現れた

 

 

確実性を求められる試合

 

育成に没頭すれば
当然勝ち星を落とすこともある

 

チャンス到来時の凡打

 

これこそ
経験値を与える一番の特効薬

 

その特効薬こそ
大きな経験値を与えるのだが

 

大きなストレスも同時に
副作用としてファンに現れる

 

 

トータルバランス

 

 

それを度返ししてでも
若虎育成を軸にした2018

 

退陣の大きな要因となったが

 

決してベテランや中堅の虎を
完全無視した起用を
していたわけではなかった

 

 

鳥谷にしても俊介にしても
西岡にしてもだ

 

 

起用されても打率が結果として
非常に残念であったことを
同時に考えてしまう筆者がいた

 

 

ここまでこぞって
中堅の虎やベテランが調子を
落とし続けるシーズンも
珍しい光景だったと思う

 

 

その結果
金本前監督が責任を取る形で
来季を迎えることとなった

 

 

退陣した政権を
クソミソに言っても仕方がない

 

 

ハッキリと言えるのは
若虎のふるいはかけた

 

ただ、
ふるいをかけただけではなく
コーチとの相性や
打撃方針等の相性などもあり
調子を崩した選手も多かった筈

 

 

それが前監督の
ふるいだったと思う

 

 

相性の合わないコーチ陣が
退任もしくはファームへ
一気に流れ込む現象が
起きたのは驚いた

 

 

コーチ陣の若返りが
1軍で起きたのに対し

 

ファームはしぶい面子となり
来季の指導力が楽しみである

 

いずれにせよ
矢野政権に対して
トータルバランスの取れた
スタメン起用を願うファンは
本当に多い事だろう

 

 

たらい回し現象の
筆頭となったのがベテラン鳥谷

 

代打の切り札になるまで
彼の存在感は厳しかった

 

コンバートしても
若虎にポジションを奪われた

 

この上ない屈辱だったに違いない

 

 

ただ、あの打率では
擁護することも
虎心不動は当然できない

それがプロの世界だろう

 

 

 

 

 

 

鳥谷は今年の新春特番で
同期の青木と対談し

 

出来ればショートをやりたい
ただ、言われたポジションを
しっかりと全うする

 

と発言していた

 

鳥谷の守備力の衰えを
指摘するファンも少なくはない

 

筆者は違った視点で見ている

 

状態が芳しくない
シーズンだったのかも知れないと

 

 

その結果は来季

ショート鳥谷の姿を見て
分かることになると思う

 

 

体力的にも
身体能力的にも

荒木や井端に負けない位
頑丈で凄い鉄人クラス

 

 

あと3年は普通に
戦えるはずの技術力だが

 

 

一昨年の失策のイメージが
どうしても拭えないのが
ファンにも沢山いるのは事実

 

 

ただ、鳥谷の代わりとなった

 

若虎の守備範囲の狭さ

 

には正直厳しさを感じていた

 

 

鳥谷の代わりは
大和だったんだなぁっと

痛感した時も何度もあった

 

 

サードは基本的に大砲系

 

鳥谷はどちらかというと
チャンスメイク系の打者であり

 

シングルやツーベース系の
中距離安打製造タイプ

 

 

ショートだから凄いと
言われる存在であり

 

サードであれば
もっと大きいの欲しいなと
言われるタイプでもあると思う

 

 

サードコンバートに関しては

やるならもっともっと
早い時

期にするべきだったと思うが

 

まぁ4番鳥谷の時代を見て

ショートの4番ってこんなもん

 

 

と思わせる位
チャンスであっても
徹底して選球眼重視の
マイペースの打席を見て

彼らしいなっと思った

 

 

打率2割8分クラスの
守備力の高いショート

 

来季それが出来れば
ファンだって納得するだろう

 

 

ただ、ショートの守備範囲は
物凄く重要なわけですから

 

 

来季の鳥谷の守備力に
注目したいと思っています

 

 

超ベテランが
内野守備に1人いたほうがいい

 

 

若虎だけの内野守備では
マウンドへの間合いが
投手の年齢などでは行けなかった

 

 

契約最終の年となる
来季の鳥谷

 

 

彼自身が最後の戦いに
挑む年になることは
一番わかっていると思う

 

 

直訴したこと自体

 

ついに彼が本音を
監督に話したのだから

 

虎心不動としては
誰がショートであっても
応援するのには変わりはないですが

 

 

守備範囲の広さと
安定性に関しては

若虎ではまだまだだと

痛感してみていたのが本音

 

 

だから鳥谷が

安定力を見せれるか?

 

 

来季にならなければ
ぶっちゃけ分からないが

 

これだけは言える

 

 

庭に戻ってきた鳥谷は
水を得た魚のように
ノビノビとプレーできるだろう

 

 

打撃面でも
大砲系ではない
己の本来のスタイルが
出来るだろうと思っている

 

ショートのポジション争い

 

彼に挑んで実力で
もぎ取れるのは誰だろうね

 

それも含めて
ワクワクする来季ですね

**************************************

この記事が良かったと思われた方は是非、
ランキング投票願います

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ    

 

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

 

虎心不動のツイッターとFacebookはこちらになります
フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター    虎心不動Facebook

 

虎心不動への質問やご意見は下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて返信する時もありますw

**************************************

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ