ラテン系大砲の時代 大トロ3球で店閉い

対外試合とはいえ
8-0は実に爽快だったと思う

 

一言で言えば
投手陣はマイペースに仕上げており
ストレートの力を試しながら
変化球を織り交ぜていた

 

 

これと言って
抜群に素晴らしいとかの
レベルではない事は確か

 

 

まだまだこれから
ストレートの球威や
変化球の精度などを
根詰めて鍛えぬく時期が
来るのだから

 

もっともっと投手陣は
良くなるのは間違いないですよね

 

 

 

 

ただ才木は面白い!
実に面白い投手になる

 

今年決め球確立したら
凄い事になると思う

 

 

彼のストレートは
もっともっと伸びるはず

 

 

 

さて、試合を見ての感想だが

 

 

横浜との大きな違いは
打撃陣の仕上がり度が
阪神の方が圧倒的に良かった

 

 

ここだったと思うんですよね

 

 

横浜がまったりに見えましたもん

 

 

早め早めに素振りと守備練習で
がっつりと鍛えまくって
クタクタになるまで戦わせている

 

 

金本ドS式のスパルタ育成

 

 

ニコニコしながら
ガッツリ鍛えまくってる

 

 

マジで恐ろしい監督だwww

 

 

その足腰の鍛錬の成果は
今現在は明確に現れていると思う

 

 

相当振り込んで
相当走り込んで

守備練習も相当
縦に横に振り回させて

血眼になって
若虎達が頑張っている証拠です

 

 

 

投手陣のストレートも
横浜より5キロ以上速い感じ

 

 

中堅やベテラン投手は
黙々とやっている最中

 

 

若虎達は必死のパッチで
頑張っている時期なのだから

 

 

8-0はある意味
この時期の成果として
素晴らしかったと思う

 

 

 

 

145キロ以上の
球威あるストレートに出くわした時

 

 

どこまで対応できるか?

 

 

ここでおおきなふるいに
かけられるのだから

 

 

オープン戦後半の
本気モードの時までに

 

 

1軍トップレベルの投手相手に
戦えるスイングを確立出来る
打者がどれほど出て来るか?

 

 

その為にこの時期から
徹底して鍛え上げているのだから

 

 

楽しみですよね

 

 

 

さて、今日はロサリオです

 

 

速球に対しての対応力は
間違いなく大丈夫になると
虎心不動は確信しています

 

 

いい助っ人獲りました

 

 

まずスイングが物凄く
シャープで速いです

 

 

こうやって考えると
助っ人さんって本当に
性格って重要なんだなっと

 

 

物凄くマジメで
寡黙で一生懸命で

韓国で一旗上げても
全然ハングリーですもんね

 

 

縦に曲がるスライダー
フォーク系に対応する能力

 

 

ここを徹底して
これから緩急の対応力など
対策をロサリオと首脳陣で
行っていくのだろうけど

 

 

3球で1ホーマーで
2安打三打点で店じまいって
出来すぎだろうwwww

 

 

いくら若手投手相手だからと言っても

 

 

現段階では物凄くいい状態

 

 

これからもっともっと
速球と緩急と
縦の変化球と

日本人独特の
凄い変化球と対峙するわけですが

 

 

やはり早め早めに
物事を進めている金本監督は

 

 

やっぱり凄いなっと思うと同時に

ラテン系大砲ロサリオ万歳ですね

 

 

今日はロサリオ書きましたが
そろそろ1軍残留間違いないであろう

 

 

島田と植田の記事も
書こうと思っております

 

 

今年は大砲が居る

それが一番ありがたいですね

 

**************************************

この記事が良かったと思われた方は是非、
ランキング投票願います

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動更新の励みとなりますので、
下の2つのランキングバナーポチっと
宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ   

 

虎心不動のツイッターとFacebookはこちらになります
フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター    虎心不動Facebook

 

虎心不動への質問やご意見は下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々ありますwww

**************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ