満塁で凡退というイメージが強い阪神

 

チャンスに弱いという姿そのものだが
そもそもの打撃力がここに来て
非常にしんどいのがよくわかる

糸井さんが犠牲フライで
爪痕を残してくれました

貴重過ぎる追加点でしたね

 

やはり選球眼という分野で
大きな課題を感じる試合を感じた

 

あ・・・・・・
板山の捕球に関しては書きません
絶対に書きませんからねwwww

審判がアウトと言ったら
アウトとしか書けないので

書きません
って書ききったねwwwwww

 

虎心不動スポンサーリンク あなたにおすすめの商品

 

筆者は試合中
虎心不動で実況部屋を毎試合開催しているが

性格上、ハッキリと物事を言う癖がある

 

良いプレーは良い
悪いプレーは悪い

それが相手選手であっても同様

良いプレーは良い
悪いプレーは悪い

 

そこの部分ではある意味子供
ある意味事実を語る性格である

個人応援ファンから敵を作るタイプw

 

虎心不動は基本的に
推し選手を誰一人持たない主義

縦縞ピンストライプをまとった時点で
誰であろうがウエルカム
誰であろうが叱咤激励

 

但し、白黒ハッキリ発言しても
その選手のプレーを否定しても
存在は絶対に否定しない主義である

 

よく指揮官や首脳陣を揶揄する
ファンを某板では毎日開催されている

 

確かに起用や方針などの問題もあるし
その試合でも采配などの問題もあるし

その采配や方針の積み重ねにより
敗北が増えたり減ったりもすると思う

 

ただ、ゲーム上はプレーヤーが
結果を出すか?出さないか?の世界

 

サインや起用ってのは期待されているから
出るものであって期待されていなければ
控えもしくはファームにいるわけだから

 

だってそれで飯食ってんだからさ
プロの世界って本当に大変だと思う

 

前置きが長くなったが
本題は選球眼である

 

虎心不動スポンサーリンク 楽天トラベルで阪神の試合やキャンプへGO!

 

昨日の佐藤の2ベースは
大失投のスライダーに上手く反応した

 

ど真ん中のスライダーなのですが
打ち損じをせずにしっかりと叩いたことが
一番の評価だと思うわけ

筆者は次の打席が大事だと思った

 

失投の後の対戦は
相手バッテリーもかなり猛省して
挑んでくることは言うまでもない

 

案の定

インストのボール球を空振り
低めの完全なボール球の変化球を空振り

定番極まりない三振を見た瞬間

 

まだ時間がかかるよね
まだ迷走中なのが現実

そう思った

 

まずこの時期になってから
フォームを弄繰り回すことは厳禁

間合いを弄ることも厳禁

 

今やっているスタイルを
貫きながらもその中で
針の穴を通す困難な難題を
克服させるのが打撃コーチのお役目であり
本人の使命だと思う

 

フォーム改造はシーズン終わってから
秋季キャンプでやるべき事なんですよね

 

今は振らせることが大事な時期
我慢してでも使い続ける時期

 

そこまでの先行投資を
優勝争いのがけっぷち状態で
貫くことが出来るか?出来ないか?

 

監督によっては
意地でも起用し続ける例もあれば
ファームでじっくりとやる例もあるだろう

 

ただ、毎回書いているのだが
2シーズン前まで1軍定番だった
中堅の虎数名が大スランプで
ファームで燻っているのが現状

 

期待の怪物に打席に立たせるか?
ピストル打線で凌ぐか?

この選択肢しかないのも
矢野阪神の一番辛い所である

 

だったら、三振を減らすための
工夫って絶対にあるわけですよ

その工夫が見られないのが残念

 

佐藤の場合、構えた時点で
トップの位置が凄く高い

 

スイングした瞬間から
ミートするまでの間が
コンマ何秒の世界ですが

手間食ってるのは明白

 

プロの球威を痛感しているはず

 

インストで空振りを奪う
相手バッテリーの策は
正にそこを突いて来ているわけだ

振り遅れることが明白だから
どうしても手が出ることが明白だから

 

教科書通りに
ストライクカウントを先行できるから

 

つまり、スイング速度的に
力みで対応しなければならない
バットコントロールを犠牲にして
振り抜くしか方法がない時期が
疲労蓄積時の佐藤の姿だとみている

 

下半身で振っているつもりが
気持ち上体が前になっているんですよね

 

だからバットコントロールに
本人の感覚と現実に誤差が生じて
空振りが凄く多い状態だとみている

 

要するにあのトップの位置では
プロの球威ある速球に対しては
疲労蓄積時はなかなか厳しいのが
現状だと思っている

 

対策としては
もったいない2ストライクを迎えないように
相手の対策をしっかりと頭に叩き込み

 

インコースのストレートは見る

5割以上がボール球なんですよね

ボール球を振らせているのが現状

 

インストと高めの吊り球に対して
待つことを首脳陣が徹底していない

 

もしくは本人がそれを出来ない

 

だから控えに回っていた可能性も高い

スタメンで起用して欲しいと
願うファンが凄く多いのだが

それが出来ない理由がそこにあるわけ

 

ただ、三振対策という意味では

徹底できない
我慢できない

この双方が苦しんでいる

 

昨日代打長野が
地面スレスレの落ちる球を
見事に弾き返したヒットを見せた

あれを佐藤に求めることは絶対ダメ

あのベテランのオッサンだから
出来る凄い技なんです

 

佐藤はこれしかない

失投をしっかりと叩く

それまで選球眼を徹底的に
研ぎ澄ませる事が最も肝要であり

それしか方法がないはず

 

2ストライクになってから
慎重になる佐藤をよく見かけるが

 

筆者は逆に
2ストライクになるまでの工程が
ボール球を振り抜いているので

無駄な空振りで
ストライク先行を献上している

実にもったいない追い込まれ方を
しているように感じている

 

追い込まれた後の
ローボールの真ん中低めに
手を出しての三振は
筆者的には納得できる

 

低めを捌くのは下手じゃない
むしろ好きだから手を出していると思うから

 

ただアウトローの完全クゾボールを
空振りしている姿を見て

距離感なんだよな

と思うわけです

 

ただの空振り三振ではないので
ファールしようとして出来なかった
三振が意外と多いんですよね

 

三振が悪いというよりも
三振の内容がもったいないんです

 

昨日の代打もね
三振だと遅らせることも出来ない

だから島田を出したわけでしょ?

結果的に失敗して
矢野監督アウトの瞬間
1000本くらい髪抜けたけどさ

 

代打を送られた屈辱をその瞬間に味わって
何が悪いか?までは分かっているのだから

 

2ストライクまでの時間を
どう過ごすか?をもっともっと
考えるべきだと思う

 

インストに挑戦する時期ではない

高めのつり球を意識する時期でもない

 

失投を呼び込むための
我慢の見送りだって
立派なプレーなのだから

 

失投を呼び込めば
絶対に振り抜ける器なのだから

 

ボール先行にするためには
どうすればいいのか?

 

それを打撃コーチと佐藤の間で
もっともっと徹底化すべきだと思う

 

ただの三振ではないのだから
アウトローの距離感の問題上の
ファール失敗の三振なのだから

 

インストは振り遅れる可能性が高い

高めのつり球も同様

 

この現状打破は見逃して

ボール先行を誘うのも手なんだよね

 

虎心不動スポンサーリンク 送料無料の楽天ブックス

 

大山の4三振ですが

横からの動画が出たのですが

右脇が完全に開いていましたね

ありゃアウトコースは
ファールが精一杯です

 

病み上がりでギリギリの打席なんだよ

彼が4番に座ってくれて
守備で頑張ってくれているからこそ

打順全部が機能しているのが現実

とにかく状態が悪化しないように
祈るばかりである

 

今日からヤクルト戦
青柳がどこまで相手打線の的をずらして
打ち取りまくるか?

奥川攻略が成就するのは今夜のはずだから

徹底して狙い球を絞って
力まず軽く振り抜いて欲しいですね

 

甲子園胴上げは阻止しよう

連勝したら何かが変わるかも知れない

 

普段着で野球をすべし!
緊張するでない

それではまた

 

****************************************

更新の励みとなりますので是非、

ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ    >

****************************************

タイガースの試合実況部屋

Facebookの虎心不動グループにて開催中

参加希望の方はメンバー申請をお願いします(無料)

阪神タイガースwith虎心不動

****************************************

また、Facebookでのいいね

Twitterでのリツイートでの拡散

ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと  Facebookはこちら

フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら(放置状態w)
虎心不動インスタグラム

****************************************

虎心不動スポンサーリンク