なんかマルテ残留が確定的な報道が
流れたみたいですね

デイリーオンラインですね

まぁ、コロナ禍が完全終息していないので
球団としても手堅く行こうと決意し
単年契約でマルテ残留で合意したみたいです

 

マルテは元々サードでしたが
大山と争ってファーストへ行く形で
最初は逆サイドのポジションで悩みましたが
守備力の高評価通りでしたね

今年もファースト部門でUZRでは
堂々のリーグ1位になったわけです

これは、守備力として高い評価を
当然受ける形となります

 

守備範囲も意外と広いですね
要するにライト前へ抜ける当たりや
1塁線を抜ける2ベースを食い止めて
アウトにしている確率が非常に高い

 

これは打撃以上の価値があるわけです

 

助っ人さんってね
以前は打つから守備力は目を瞑る系の
起用が本当に多かったんですよね

今は違いますね

助っ人もよく走るし
よく練習もしますし
守備力もかなり巧いですよ

マルテもその一人なんですが

この人はスペ体質であり
バテるタイプなんですよね

 

糸井がファースト挑戦をする
この意図がよくわかります
ライトより出番の可能性
彼はマルテの代りを選択して

最後の戦いに挑む選択をしたと思う

 

マルテの再契約は
我々阪神ファンにとっても
非常にうれしい事ですし
球団にとってもこのオフは

スアレスとマルテだけは
契約切れても金額次第で再契約を
するつもりだったと思います

ソフトバンクに取られるなら
ウチでラパンパラやってくれ
という結果に収まりましたね

 

虎心不動スポンサーリンク あなたにおすすめの商品

 

4スタンス理論の細かい事は
後日書こうと思っています

まだ調べている最中ですので
少々お待ちくださいね

 

んで、阪神の大砲って誰?
筆者的には既に佐藤なんです

 

あれだけのね
大スランプを初年度から経験しても
球団トップの本塁打数

 

スランプ脱出すれば
間違いなく30本は軽く打てます

 

彼は柳田タイプになる
可能性が非常に高いわけ

ちなみに藤井さん関係なく
彼の天性の話ですね

 

恐らく球団で一番飛ばせると思う
助っ人も超えたパワーで
来年はかなり飛ばすと思います

 

理由です
大山と比べて見ましたが
スイング速度が圧倒的に
佐藤の方が速いのが現実論

速球を捌ける大砲
低めを苦にしない対応

速球を捌ける上に
ローボールヒッターなんです

 

更に
バレルゾーン成功確率も
恐らく彼が一番じゃないかな?

 

スイングの軌道が全て
長距離を狙う角度なんですよね

これが一番の大砲育成の理想です

 

まず中継ぎや守護神が来た
ビハインドで期待をするのは
当然大きい当たりをすること

監督もその望みを持って
大砲打者に託すわけです

佐藤はその期待に一番応えられる

大砲になるでしょう

 

試合終盤を想定して見ましょう

中継ぎエースの速球派が居ます
そこに速球対応型ではない
代打が出たとしてもね

 

速球にファールで粘って
一生懸命対応したとしても

最後は打ち損じもしくは三振
という展開を見た経験は多いと思う

 

そこにはスライダーや
カットボール系を待つ姿が
誰にでも分かる状態なわけ

当然相手バッテリーも分かるし
それに対応した配球をします

 

むしろ若虎の陸上部の方が
速球を打ち返していたんですよね
これ現実論なんですよ

 

速球が捌けない代打は
それなりの結果が殆どになる

当然そうなりますよ

 

そうなると今度は
打撃コーチを攻め立てるwww

違う違う違う
そこじゃないそこじゃない

 

大砲適性が大事です

速球を捌けないのは
それなりの理由が本人にある

 

ここが重要なんです

 

シーズン通しての第一歩は
この時期なんです
秋から冬にかけてですね

秋季キャンプが終わってから
キャンプインするまでの
個別のトレーニング内容

まず脂肪を付けて疲れを癒す

そしてある程度時期が来たら
走り込んで体を絞りをやります

ベスト体重まで絞り切る事が大事

 

ここで走り込みを怠って
筋トレに偏ったら失敗する

ベスト体重まで絞ってない状態で
筋トレをすれば瞬発力が低下する

 

更に上体を鍛えてスイング速度を
上げようと頑張れば頑張るほど

上体の硬い筋肉が
柔らかいスイングを邪魔して
硬いスイングになりがちになる

ベスト体重をオーバーしたら
当然そうなるわけです

 

だから筆者は大山の内野守備の
早出は凄く高い評価していました

痩せる工程をやっているからです
内野守備でどれだけ足腰を鍛えて
スローイングまで精度を上げるか?

 

でもね
緩いんでしょうね 阪神は
アメリカンノックとかさ
ギリギリまで追い込んだ鬼のノックとか

そこまで日々追い込んでないような気がする

 

前政権の最大の失敗は
北條や高山、陽川、福岡へ行った中谷等に
遠くへ飛ばす計画を徹底して
実行させたことですね

 

この中堅の虎の戦士たちは
明らかにベスト体重オーバーして
筋肉ギンギンになって

守備範囲は狭くなりました

速球対応も厳しくなり
スイングも硬くなってしまいました

スイングが硬いので
バットコントロールが巧く機能しません

だから
ファームでも打率も上がりません

1軍レベルの対応力まで達せません

だからずっとファームで燻っています状態

 

スランプを超えた厳しい状況にまで
今現在追い込まれているわけです

もっと素直に書けば
違う分野のアスリート体格にまで
やってしまった可能性が高いわけです

 

野球には野球に適した体格や筋肉が
絶対存在するわけです

 

ラグビーと一緒です
特異体質以外の選手は
そのポジションに適した体格が
絶対に手堅い世界なのが野球です

 

こんな悲しい事は絶対にあってはならない

 

実は大山も糸原、原口、江越も
その部類だと見ています

ベスト体重を明らかに超えてますので
大山は速球の対応力が非常に悪く

150キロを超えた速球を
なかなか仕留められないのが現状
バットコントロールも
少しでも疲れると悪くなってしまう

 

糸原は逆に150キロ以上に対応できても
守備範囲が非常に厳しい状況です

 

江越は瞬発力と走力は全然OKですが
やはり硬い状態が柔らかいスイングを
邪魔してアウトローへのバットコントロールが
非常に悪い状態で空振り三振が多いと思う

 

中堅の虎達が
気の毒で気の毒でなりませんね

 

体重を絞ってもね
上体にガッツリついた筋肉は
贅肉みたいに早々落ちてくれないんですよね

 

仕事で動くから
野球に適してない筋肉がなかなか落ちない

本当に蟻地獄状態の可能性があるので
本当に祈る思いで彼らの復活を
本気で願っている筆者である

 

虎心不動スポンサーリンク 楽天トラベルで阪神の試合やキャンプへGO!

 

特異体質って誰ですか?

と先日メールが来ましたね

 

糸井、柳田、山田辺りですが
山田は筋トレギンギンだけの
体格ではない気がします

 

前政権はこのタイプをを一人でも多く
出そうと思った事でしょう

セカンド大山発言がそうですね

あり得ないでしょう?
サードでもあの守備範囲なのに
セカンドなんて目も向けられませんよ

 

特異体質ってある意味
遺伝子からくる天性のモノ

 

筋肉ギンギンでも
瞬発力は落ちません

柔らかいスイングが出来ます

だから打率は落ちません

飛距離は伸びましたが
柔らかいスイングも出来まーす

だからアウトローもインストも
全然大丈夫でーす

 

ってのが特異体質だと思います

 

ただ、糸井を見て思うのが
膝などを痛めた場合は
特異体質も凡人化しますよね

柳田もそうですが
そんな日がある日突然
訪れる可能性だってあるわけです

 

遺伝子から始まる世界だと思うので
通常の選手にそれを求めても
無理難題の企画だったと思う

 

とにかく体を絞って
まずはベスト体重を目指す事ですよね

 

まずそれが一番ですよね

 

だからこそ
大山には外野コンバート出来る位
身体を絞りまくって欲しいわけです

 

サードは絶対に佐藤か?糸原ですよね

守備範囲は絶対条件にしなければ
またザル守備球団持続となり

結果的に冤罪で
久慈さんが叩かれる結果になる

 

矢野さんが決心しなければ
何も始まらないわけです

 

糸井のファースト挑戦も
結果的に捕球能力と
守備範囲がどれ位優れているか?

適性としてはどうですか?

次第になると思うんですよね

 

監督はそのつもりで
ウエルカム宣言したと思う

だったらサードも
同じようにしなさいよ!

しなきゃおかしいと思うよ

大山がサードでなければならない
条件ってどこにもないんだから

 

守備範囲とゲッツー能力と
捕球能力をもっともっと
しっかりと見極めて判断すべき

 

マルテファースト確定した以上
大山をスタメンで使い続けるなら
外野が一番いいと思っている

 

サード守備が
佐藤と糸原の守備力が
どこまで大山より優れているか?

結果的にはそこに収まると思う

 

ただね
ライトはライトで大変なの

今年の問題は佐藤ライトだったと思う

 

強肩度や送球精度って凄く大事なのが
ライトなんですよね

ランナー1塁で進塁をしたいなら
絶対にライト打ちは定石です

そこに強肩度が普通で
送球精度がイマイチの野手だと

いとも簡単に3塁へ行かせられます

それが今年の阪神だったわけでしょ?

怪物ルーキーにそこを任せるしかなかった

 

そっかぁ~
レフトちゃうやったんやなぁー
そやなぁ~サンズおったし
そのあとが両手でキャッチのロハスさん
そりゃライトしかないわなぁ~
と思ったんですよね

 

マルテ契約みたいなので
これがファースト鉄板でしょ?

 

ロハスはレフト鉄板かな?
ロハスがライトも出来るなら
レフトの方が安泰なんだけど

ロハス自体がライトが苦手だから
レフトなのかも知れないしね

 

何が言いたいか?

要するにコンバートに腹を括れなかった
指揮官はマジでダメだったって事

ライトは物凄く重要なポジション
進塁を幾度も食い止めた福留の存在

 

連打を食らっても
1-3塁にしなかったのは
強肩度と送球精度が一致している
スーパースターだったから

 

それを大山に求めるならば
速攻やらなければならない事が
沢山あったわけです

 

やるならやる!
やらないならやらない!

 

その決断力がブレた事は
本当に痛いわけです

春でコンバートしたら
間に合わないよwwww

まずザルライトになると思う

 

虎心不動スポンサーリンク 送料無料の楽天ブックス

 

藤井コーチはある意味
大スランプの最後の救世主として
球団から依頼されたかも知れない

 

1.2軍巡回出来る立場って
凄いポジションだもんね

まず身体を絞った段階として

 

4スタン理論上で
一番適したスイングを
大スランプ中の
中堅の虎達にアドバイスして
その方針で振らせた場合

今以上に速球への対応力や
変化球への対応力が改善される
可能性があるって事だと思う

 

北條の復活が見たい

高山の技術力をもう一度見たい
もう一度見たい
ドラ1やけんね

江越がアウトローのスライダーを
バコーンって打てる姿を見たい
インストもバコーンって打てるのを見たい

 

兎に角ファームで苦しんでいる
北條たちの復活のきっかけになると
本当に嬉しいです
彼たちの長い苦しみは並大抵の
レベルではない筈だから

 

本人たちが一番
手応えを感じていない筈だから

 

考えただけで悲しくなる

それも含めた上で
藤井さんへの期待をもって
球団はお願いした部分があると
筆者は信じている

個別の適性を見極めた上で
指導方針を固めるという意味では
藤井さん効果が出る可能性はあります

ただ、相性ってのもあるので
皆が伸びるとは限りませんので

そこも頭に入れておくべきだと思うよ

期待するのが前面に出過ぎだからww

最後にこれだけ伝えておきたい

大砲系がバテなかったら
今年の阪神はメッチャ強かったよ

それが全てだったと思うから

デブが走り込み不足だから
そうなっちゃんだからwwww

そういえばビックボス新庄監督は
清宮に約10キロ落とすことを
求めているそうなんですよね

本人もやるそうですね

新庄は分かっているんですよ
日本人には日本人に適した
体格と筋肉があるって

如何にベスト体重を維持しながら
野球に必要な筋肉を付けて
シーズン戦い抜けるか?

デブはバテるし
速球を捌けない

ということを分かっているんですよね

とにかく阪神中堅の虎達は
大山も含めてですよ

ベスト体重を探りまくって
筋トレなんかどうでもいいから

キャンプインまで絞りまくって
球春を迎えて欲しいですね

二遊間とセンターとキャッチャー以外
どこでもこなせる体重を
大山は作るべきですね

だって指揮官が決断できないんだから

身体を絞れば速球対応型に
慣れる可能性が今よりずっと高いって事
あとは本人の体力と技術次第です

それではまた!

 

***********************************

更新の励みとなりますので是非、

ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ    >

***********************************
虎心不動のメールはこちら
返信は殆ど出来ませんが、必ず読んでいます

虎心不動正悟へ

***********************************
タイガースの試合実況部屋

Facebookの虎心不動グループにて開催中

参加希望の方はメンバー申請をお願いします(無料)

阪神タイガースwith虎心不動

***********************************

また、Facebookでのいいね

Twitterでのリツイートでの拡散

ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと  Facebookはこちら

フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら(放置状態w)
虎心不動インスタグラム

****************************************

虎心不動スポンサーリンク