試合がない2日間
虎心不動は2回に渡って
矢野政権が残したもの
矢野政権修正項目
この2つに分けて書こうと思います

 

前篇は良い部分
後半は新監督がやるべき修正点

この様に分けて書きます

分かりやすく書けば

前篇は矢野監督を称え
後編は矢野監督を叩く

分かりやすいでしょ?www

では記事を書こうと思います

 

スポンサーリンク あなたにおすすめの商品はこちら

 

金本監督から引き継いだ矢野監督

赤星引退以降、鈍足球団化した上
キン肉マンの大スランプだらけの
中堅クラスの集まりとなっていた

 

金本政権は基礎体力の重要性を
しっかりと示した形で
かなりキツめのキャンプを行った

しかし、藤浪の大スランプを改善できず
沢山の修正点を残して去った

 

金本政権1年目は
バッテリーコーチ兼任の
作戦コーチという不思議な名目の
指導者的立場にあった

 

ファーム掛布監督退任により
矢野氏がファーム監督となった

 

若虎を徹底的に鍛え上げ
明確な育成をたたき出す方針として
金本監督と矢野ファーム監督の
ホットラインが形成された

 

矢野二軍監督は
若虎たちに伸び伸びと積極的な
野球を徹底して追及させた

そこで伸びた選手は沢山いる

 

まず矢野監督は鈍足チームだった
壊滅的な盗塁野球の立て直しを
徹底して見直しをファームで行った

若虎投手陣の育成にも力を注いだ

 

超積極野球

 

金本監督急遽退任という形
その引継ぎを球団は矢野監督に打診

悩んだ末、矢野監督は受けことにした

 

大砲不在

中堅の虎である
北條、原口、高山、江越、陽川が
キン肉マン化によりスイングの瞬発力
更に守備範囲などの低下などで
長期大スランプは避けられない状況

 

非常に厳しい台所事情であった
阪神野手陣の中、矢野政権は発足した

 

スポンサーリンク 楽天トラベルで阪神の試合観戦
宜野座・安芸キャンプにご利用ください!

 

矢野政権のセールスポイントは

スカウトセンス
これは言うまでもないだろう

 

彼がドラフトに関わって
球団スカウトとの連携の良さは
恐らく金本政権以上に素晴らしかったはず

 

スカウトの意見をしっかりと聞き
しっかりと一緒に分析をした上で
即戦力となるであろう
大卒、社会人の獲得が非常に良かった

 

2018年
1位 近本光司
2位 小幡竜平
3位 木浪聖也
4位 斎藤友貴哉
5位 川原陸
6位 湯浅京己

 

2019年
1位 西純矢
2位 井上広大
3位 及川雅貴
4位 遠藤成
5位 藤田健斗
6位 小川一平

 

2020年
1位 佐藤輝明
2位 伊藤将司
3位 佐藤蓮
4位 栄枝裕貴
5位 村上頌樹
6位 中野拓夢
7位 高寺望夢
8位 石井大智

 

2021年
1位 森木大智
2位 鈴木勇斗
3位 桐敷拓馬
4位 前川右京
5位 岡留英貴
6位 豊田寛
7位 中川勇斗

 

以上が矢野政権で獲得したドラフト選手
育成選手は割愛しました
小野寺暖は育成獲得ですね

 

ドラフト獲得選手が
どれだけの活躍率が高かったか?
が皆さんにも分かるだろう

 

捕手育成にも力を注ぎ
梅野の後釜的存在の準備も
早め早めに進めているのもわかる

 

更にスイング速度の速い
近本、中野の獲得選手も活躍し
盗塁王を双方獲得している

 

亜細亜大学の木浪も初年度獲得

 

また投手王国となる獲得と育成も
非常に優れてる

ホールドの帝王化した湯浅
今年先発で活躍し始めた西純也
中継ぎで活躍した及川
小川一平も獲得
石井大智も活躍している
更に10勝投手クラスの伊藤
そして森木と来年ブレイク間違いないしの
桐敷も獲得している

 

佐藤輝明の獲得も矢野監督が
しっかりと成し遂げている

 

2015年金本政権時には
今現在、梅野の良きライバルである
坂本をかなり強く推薦して
ゴリ押しで2位で獲得した経緯もある

 

これから活躍に期待される
高寺、小幡も獲得している

 

ドラフト獲得選手の活躍を見て
育成方針はかなり明確であり
確実に1軍経験を積ませている

 

特に、近本、中野については
即戦力として初年度から積極起用

単打でも勝てる野球を作り上げた

 

 

スポンサーリンク 送料無料の楽天ブックス

 

投手王国を決定づけたのも
矢野監督である
12球団トップクラスのチーム防御率
中継ぎ陣の異常な防御率

 

坂本に頭角を現せ
梅野不在となったとしても
全く引きを取らず戦える
ダブル捕手スタンダートを作り上げた

 

確かに起用面でヤイヤイ言うファンも多い

だが、正捕手クラスがダブルで活躍できる

 

こんな贅沢な球団はそんなにないことを
梅野ファンも坂本ファンも分かっていない方が
若干居るのが非常に残念である

 

怪我した場合に全然安定度が違う

ダントツ盗塁イケイケ球団も作り上げた

 

ここまで育成を推し進め
4年間で一気に改革をここまで
進められた監督としては高い評価を
していいと思う
(今日は良い部分を書いてるからね)

 

最終年となった今シーズン
一か八かの復活劇の舞台を

高山・陽川・北條・原口

この4名にチャンスを与え
それなりの結果を残せるようにした

 

これがコロナ禍でなければ
怪我さえなければ

という印象までしっかりと残せた事は
選手本人たちにとってもうれしかったはず

 

更に原口がファーストとして
5番を座っていること自体
考えられない位うれしい復活劇だった

 

左キラー陽川の復活劇も
非常に嬉しい材料となった

その4人それぞれが
時間をかけて体を絞って
瞬発力を取り戻す努力を重ね
今シーズンに至っているのだが

 

もう一度書きますよ
コロナ禍でなければ
怪我さえなければ

という評価までは持って行けたと思う

 

これだけの育成をしっかりと
作り上げたことは本当に凄いことだ

あとは井上などが育つまで
もう少し時間が必要なのかもしれない

 

今日は矢野政権の良かった部分を
中心に書きました

 

明日はですね
お前二重人格じゃないのか?

という内容の記事になると思いますがww
お楽しみにしてくださいませ

 

それではまた!

 

***********************************

更新の励みとなりますので是非、

ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ    >

***********************************
虎心不動のメールはこちら
返信は殆ど出来ませんが、必ず読んでいます

虎心不動正悟へ

***********************************
タイガースの試合実況部屋

Facebookの虎心不動グループにて開催中

参加希望の方はメンバー申請をお願いします(無料)

Facebook 阪神タイガースwith虎心不動

***********************************

また、Facebookでのいいね

Twitterでのリツイートでの拡散

ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと  Facebookはこちら

フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら(放置状態w)
虎心不動インスタグラム

****************************************

虎心不動スポンサーリンク