ダブルストッパーの酷使

 

三浦の立ち上がりを見て直感した
とっととバテるだろう

三浦はスライダーを主として
カーブ、カットボール、フォーク、シュートを
投げわけ、ストレートはここ一番という立ち上がりを見せた

それだけストレートを投げにくい打線になった

そう考えても間違いではないよ

今の阪神は打ちます

今成の状態が上がって安定すれば
本当に鳥谷と大和と捕手、投手以外は
そこそこ打てる打線になってくると思う

何しろ大和は実戦で振ってなんぼ

それを貫かなければ、大和の復帰などあり得ない

速球に対応すべきスイングを心掛けているので
まずは速球を叩いて、カーブとスライダー系を
しっかりと壁を作って打てるようになる

それまでは本当に我慢の起用で大和を使い込んで欲しい

手応えは大和自身がそこそこ感じ始めている筈なのだから
ここで起用を辞めたら全く意味がない

俊介と大和は本当に起用で駄目になった選手

根気強く起用し続けていれば、もっともっと
今凄い選手になっていたと思う

上本が今存在感を見せられるのは
西岡の代わりが上本だという確固たるビジョンが
首脳陣にあったからこそ、激痩せしても耐えた
昨シーズンのスタミナが必ず生きてくる

俊介も大和もメンタル面の強さが欲しい

それは経験値を左右病に関係なく
与え続ける事が最も肝要だったと思うだけに

この両名の選手はのびしろを
相当切られまくってここに居ると思う

競争心が左右病では意味がない

彼達がそこそこの安打と出塁率を見せ続ける
それがクリンアップへ繋げる
大きな役割を持つと思う

その段階に繋げる為の戦いを
その戦場を首脳陣に与えて欲しい

私達は鉄人という言葉に騙されていた

蓋を開けてみてご覧

あれだけ叩かれたマートンの方が
鳥谷より打率が良いと言う皮肉な結果

とにかく今は
福留、ゴメスに繋げる
マートンが更に続いて下位打線に回す

繋がる打線構築の構想がようやく
出来る状況になりつつある

 

話が大きく逸れたので修正

 

三浦の配球は握力低下が早めに来る
そう確信した

大和にはストレートを投げられても
福留にはボール球にしかストレートを
投げる事が出来ない

あの配球こそ
脅威の福留の姿である

そのストレートを避けたスライダー
見事にスタンドインした

続くゴメスには
ストレートで勝負を挑んだ
舐めるなと言わんばかりに
アウトコースのストレートを
見事に右中間へ叩き込んだ

アウトコースのストレート
右中間に放り込める

相当スイングはキレていると思う

 

ただ、虎心不動は一つ不安視を感じる

福原と呉昇桓

この二人への比重の重さは異常

このままでは夏までに必ずバテる筈

呉昇桓を出す試合でないと思っただけに
この鉄板系統を長く続ければ

必ず二人とも疲れが溜まっておかしくなる

これは危惧しているし
是非皆さんも不安視してもらいたい

福原も呉昇桓も
リードしていればかなりの確率で登板する

4点差
死守する場面ではないと思うが
それでもダブルストッパーを登板させなければ
不安なのであれば

歳内の起用などの頭がないって事

今のダブルストッパーに対しては
酷使以外の何者でもない

いつか潰れると心配している

**************************************************************

この記事が良かったと思われた方は是非、ランキング投票願います

虎心不動更新の励みとなりますので、宜しくお願いします。


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ   

**************************************************************

No tags for this post.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ランキング


このページの先頭へ