菅野を打ち崩し
2点リードで迎えた
勝ちパターンだったが

岩崎・ジョンソンが
2発喰らって逆転負け

Aクラス確保が
本当に厳しくなった

広島が負けてくれているが
それに同じ流れを作れば
当然、残り試合的にも
厳しくなってしまう

この時期勝たなければ
ならないのが追う立場

阪神は岡田監督が魅せた
10連勝以外は
追う立場で強いケースが
殆ど見られないのが残念

熱い夏を甲子園を
高校球児に渡して
エアコンドームの試合が
本当に多くなる為

投手陣の疲労蓄積は
毎年この時期になる

巨人も連敗をしていたが
本当に投手陣の疲労蓄積が
祟っているのだが

阪神は大型連敗はないが
借金3の壁が超えられず

借金3~7の間を
行ったり来たりの繰り返し

これではAクラス確保も
相当厳しくなるだろう

 

 

決して阪神投手コーチは
他球団に比べたら
中継ぎ投手陣が豊富な分

酷使レベル一歩手前で
キープしながら
巧くやりくりが出来ている

 

ただ、筆者が思うのが

中継ぎで
勝ちパターンは
特に速球派は

 

イニング跨ぎは
しない方がいい

 

岩崎もイニング跨いで
打たれている

中継ぎは基本的に
イニング跨ぎは
しないに越したことない

 

攻撃の間
肩が冷えてしまうのは
当然の事であり

2イニング目に
前回と比べると
制球が崩れ
速球がシュート回転したり

良くないケースが
出てくる可能性が高い

ジョンソンに関しては特に
イニング跨ぎはしない方が
絶対に良いと思っている

これだけ豊富な投手陣
特に中継ぎは贅沢レベル

イニング跨ぎは
2回目のイニングが
極めて博打状態になる

それは矢野さんも福原さんも
分かっている事だと思う

 

 

 

 

まぁぶっちゃけ
先発が踏ん張れないと
中継ぎにしわ寄せが来る

当然の事であるが
ゲームを作れない
先発投手が今年は多い

 

だからこの位置に要るし
だから中継ぎ陣に負荷がかかり
ここ一番でバテて打たれても

先発陣は
何も言えないでしょうね

 

ただ解せないのが

これだけの中継ぎ投手陣

イニング跨ぎをしなければ
巨人打線が怖いのか?

確かに怖いだろう

ただ、ジョンソンの
イニング跨ぎは
基本的に賛同できない

 

本当に攻撃の間に
肩が冷えてしまうので
本人は嫌だろうし
嫌だったと思う

 

確かに目の前の
勝利が凄く大事な時期

それ以上に大事なのは

やりくりが上手な
福原コーチであっても

速球派のイニング跨ぎは
試合でも肩肘的にも

かなり良くないし

2イニング目にやられる
ケースが凄く多いのも事実

 

岩崎もジョンソンも

肩を冷やして打たれた

と思っている

 

イニング跨いで
ジョンソンで逆転負け

 

これが中継ぎ
イニング跨ぎの
難しい所ですよね

 

巨人打線は確かに怖い

でも翌日も考えないと
アカンのが首脳陣の役目

トーナメント感覚になる
シーズン終盤なのだが

焦りが見えるかな?

 

 

**************************************

この記事が良かったら是非、
ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

**************************************

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと
Facebookはこちら

フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動オフィシャルLINEはこちら

@kosinhudou

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら

虎心不動インスタグラム

**************************************

虎心不動への質問やご意見は
下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて
返信する時もありますw

**************************************