先日は北條の記事を書きました
本日は、そのショート対抗となる
プロ2年目を迎える木浪を書きます

 

昨年のキャンプから
木浪と近本のスイングは
評判が高かったんですよね

筆者も彼たちのスイングに
これはイケるかもっと
大きな期待を持てました

何しろスイングが
滅茶苦茶速い

近本よりも筆者は
木浪のスイングに
大きな期待感を寄せた

まず、先日も書いた
北條とのデーター比較

北條 2.47 打点18 本塁打5
木浪 2.62 打点32 本塁打4

失策数
北條 12(出場試合数113)
木浪 15(出場試合数 82)

31試合の出場試合数の差があり

当然その中には代打出場や
途中出場も絡んでいる

全てが木浪が優れているのか?
と言えばそうでもない

出塁率
木浪 3.02
北條 3.38

四球
木浪 18
北條 23

得点圏打率
木浪 2.59
北條 2.79

 

数字を見れば経験値の差は
如実に現れている部分もある

先日の北條の記事の後

やはり多かった意見が

元木の様な曲者になれ!
大砲じゃないのだから
流し打ちでアベレージを稼げ
犠打も含めた技術的存在になれ

元々のセンスを活かした
起用活用法をすべきだと
言う意見が圧倒的だった

 

キン肉マンでなく
ラーメンマンになれ

 

という微妙だがwww
なんとなく理解出来る
意見もメールに来ていたw

要は大砲系でなく

アベレージの高い
出塁率の高い
中距離打者系が一番良い

とい意見が圧倒的だった

んで今日は木浪の記事だ
木浪オンリーで見ると

一番の課題は守備面での

捕球能力

プロの打球
各球場のゴロの特徴

この部分の経験値は
実戦でやるしかない
特にビジターは練習時間が
限られているので仕方がない

糸原も1年目のショート時代
鳥谷と比較されて苦しんだ

捕球後の握りで
モタついて俊足系の打者を
セーフにするエラー表示されない
アウトをセーフにした
プレーが目立っていた

2年目にはそれをほぼ克服し
今では上本からセカンドを完全に
奪い取った形となり

キャプテン2年目っすよ

練習と経験値が合致した
証であったと筆者は思う

努力の賜物である

まぁルーキーイヤーは
攻守共に習得し、経験値を積む時

首脳陣の我慢の起用と同時に
優しい目線で見守るのが
1年目の若虎観戦

ぶっちゃけ
虎心不動目線では
2年目の選手に対しての
ハネムーン査定は今年はない

プロ選手として
活躍を期待している選手として

ある意味厳しい目線で
今年は木浪を見守るファンが
大勢増えてくると思うし
そうでなければならないと思う

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド
価格:32978円(税込、送料無料) (2019/10/6時点)

楽天で購入

 

 

ルーキーイヤーで
疲労蓄積による打撃不振

近本以上にロングスパンで
苦しんだ夏場こそ
彼にとって最高の経験値だった

あそこで我慢の起用を
貫ければもっと素晴らしかったが

他にもスランプ選手が居れば
我慢の起用にも限界値がある

ギリギリの決断が功を制し
ギリギリのAクラス確保を
もぎ取ったのだから

木浪自身が今年はプロとしての
基礎体力作りを既に敢行し
キャンプからギンギンに
動き回って疲労蓄積の
スパンを昨年以上に
ショート化する責務がある

それがスタメン確保の
最低限のお役目だと思う

今現在
どこまで足腰を苛め抜き
鍛えまくっているか?

GW明けから夏場にかけて
結果が出てくると思う

ショートという
最も肩の力を必要とし
足腰の踏ん張りと
守備範囲の広さを求められる
花形的存在のポジション

そこを勝ち取る為には
相当足腰を鍛え抜いて
キャンプインに挑む
必要性があるわけだから

北條だって植田だって
メラメラと燃えまくって
自主トレに励んでいる

このポジションはある意味

守備力と打率の
争いのポジションであり

出塁率と走力の争いの
ポジションになると思う

筆者がサード以上に
ワクワクしている
ポジション争いの場である

 

 

 

 

キナチカの利点

筆者はスイングの速さと
インストへの対応力

このインストへの対応力は
恐らく首脳陣からも
かなり高く評価され
かなり期待されていると思う

このスイングの速さと
インストへの対応力こそ

今の阪神若虎達の
最大の課題であるのだから

そのインストへの対応力が
しっかりとしていれば
間違いなく期待されて当然の話

プロ1軍レベルの
インストへの速球に対して
振り遅れない
詰まらせない
技術があるのは確かだと思う

これが木浪が一番起用された
大きな要因であったと
筆者は痛感している

2年目となれば
当然相手バッテリーも
木浪攻略をアップデートして
苦手コースを攻め込んでくる

アウトローの変化球
どこまでファールで粘り
失投を待てるか?

打撃面では
その部分が大きなポイントとなる
木浪2年目のシーズン

彼の存在が
ショートポジション争いに
熾烈化にしたのだから

北條や植田相手に
容赦なく戦いに挑んで
もぎ取って欲しいですね

 

**************************************

この記事が良かったら是非、
ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

**************************************

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと
Facebookはこちら

フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら

虎心不動インスタグラム

**************************************

虎心不動への質問やご意見は
下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて
返信する時もありますw

**************************************