どんな内容であったとしても
負けは負けである事には変わらない

菅野VS西

この開幕カードには
相応しい開幕投手同士の戦い

ただ筆者はひねくれている

開幕ゲームの場合

勢いやスタートダッシュを
重要視するケースが殆ど

筆者は絶対的エースに関しては

3連戦全体を考えるタイプ

特に開幕戦は慎重に考えるタイプ

 

状況に応じた状態で
開幕投手を決めて
開幕投手候補の投手に対して
明確な説明をするタイプだと思う

巨人戦ビジターが開幕なら

筆者が監督であったとしたら

昨夜は青柳で行くタイプ(笑)

相性プラス3連戦を勝ち越す為に
ビジター3連戦に挑むと思う

開幕ゲームは確かに特別

ただ筆者は誰が何と言おうが

120分の1試合に過ぎないのだ

 

菅野を打ち崩す自信がある
菅野に投げ勝つ自信がある

 

そうであれば西で行く
そうでなければ、西は第2戦
もしくは3戦目に持って行ってでも
カード勝ち越しにこだわると思う

 

開幕投手にこだわる時代は
もうとっくに終わっているのが
筆者個人的な考えである

 

落合ドラゴンズ1年目

開幕戦は広島だった

ドラゴンズの開幕投手は
引退寸前の川崎

相手投手は
絶対的エースの黒田だった

黒田を打ち込んで
打ち勝った試合だったが

恐らく落合監督は
黒田が絶好調であれば
早々打ち崩せないと想定

そうであれば
2戦、3戦を勝てるローテにして
絶対的エースの1試合目は捨てではなく
賭け試合という気持ちで挑んだと思う

絶対的エースを打ち崩す
これが出来れば楽ですよね

それが開幕戦の大きな特徴でもある

 

 

西の投球は見事だった

シュートとストレート
ほぼ球速が同じであるから
なかなか的を絞れない

それが西の特徴であるが
チェンジアップも切れ味も
本当に素晴らしかったので
今日の西は実に素晴らしかった

西の場合
防御率2点台

つまり2失点程度で
しっかりとゲームメイク出来る

ただ、西の特徴としては

失点時は、BADイニングが多い

失点しても次の回は
しっかりと抑えられる

それがBADイニングであり
それが西の特徴でもある

 

菅野から放ったホームラン

投手対応のストレートが来ると
完全に読んでいた西

ストレートに対して
ドンピシャのタイミングで
しっかりと当てて振り抜くと
決めて挑んだ打席だった

まぁ驚く程のドンピシャ
二刀流レベルのホームラン

次の打席では
カットボールを見事に
振り抜いて左中間のど真ん中に
タイムリー2ベースを放った

全打点が先発投手

西が実に素晴らしい試合

逆に野手に対して
西以上のスイングを求めた
ファンも多かったと思う

今日は西が目立った試合

野手も頑張ったけど
それ以上に西が目立った
試合だった

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド
価格:32978円(税込、送料無料) (2019/10/6時点)

楽天で購入

 

 

筆者が今日の試合を見て
痛感したことがある

巨人打線はインストを
迷わず腕を畳んで叩きに来る

阪神打線にはない
器用さと迷いなきスイングを
巨人打線に魅せられた気がした

インストとアウトローのスライダー

この2種類をしっかりと叩けなければ
チーム打率なんて低いままだし
打点もそんなに稼げるはずもない

阪神の課題は
インストとアウトローの
スライダー対応なのは間違いない

 

何年もこの課題を克服できず

低打率打線をウロウロしている

 

甘いコースを逃さない為の
カット技術が巨人打線に比べると
本当に乏しいのが現状

 

井上打撃コーチが
時間をかけてこの課題を
解決してくれると信じたいですね

ボーアー4タコでしたが
矢野監督と井上打撃コーチは
対戦カード2巡位までは
じっくりと見守っていくと思う

 

大砲候補のボーアを
打てないと感じてとっとと
スタメンや1軍から外すなんてしたら
前と全然変わらない状況だと思う

本気で心中する気持ちで
指導しながらボーアと共に
戦って欲しいですよね

元々選球眼は
悪くない打者だと思います

焦らずじっくりと
筆者はボーアを見守っていきます

 

 

 

矢野監督的には
1点を凌ぐ系統をしたかった

出来れば西を7回まで
頑張ってもらって

8回エドワーズ
9回球児で〆たかったと思う

 

西の140キロクラスのストレート
シュートタイプの次の投手は

出来れば速球派を並べたい

岩崎に賭けた矢野監督

筆者なら速球派を並べて
球速グイグイで勝ちに行ったと思う

ストレートが高めに浮いて
スライダーのキレが
良かったりクソボールだったり
不安定だった岩崎

制球重視する為には
多少置きに行く現象だって
実際には存在するわけだ

138キロのインスト
吉川は腕を畳んでコンパクトに
しっかりと振り抜いていた

 

スアレス
エドワード
球児

 

速球派を並べて欲しかったのが
今日の筆者の本音である

 

いずれにせよ
東京ドームで1点差を
6回時点で最後まで乗り切るのは
なかなか難しい事である

 

追加点が欲しい

 

巨人中川のイニングで
いとも簡単に3者凡退した
8回のイニングで勝負あったと思う

 

巨人投手陣が良かったのか?

阪神打線が未だ未完成なのか?

 

1つだけ言えることは

 

巨人は速球派2人で2イニングを
しっかりと抑えた事実がある

 

昨夜、岩崎のブルペンの
出来栄えを見て決断すべき事

ストレートが高めに浮いて
スライダーが不安定状態だったのは
金村投手コーチが見て明らかだったと思う

スアレス7回見たかったですね

 

岩崎がダメと言うわけではない
結果論に過ぎない話であるが

 

筆者なら
スアレス エドワーズ
守護神球児の速球派で戦ったと思う

 

ただ追加点がもう一押し
足りなかったことが一番の敗因

 

それが虎心不動の考えでした

 

仕切り直しのデーゲーム

切り替えて頑張ってもらいましょ!

 

**************************************

この記事が良かったら是非、
ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

**************************************

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと
Facebookはこちら

フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら

虎心不動インスタグラム

**************************************

虎心不動への質問やご意見は
下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて
返信する時もありますw

**************************************