日曜日から
筆者は物凄く仕事が忙しく
とても更新できる状態では
なかったので申し訳なかったです

筆者の仕事は
ホームページ制作
めだかのブリーディング
イベントアドバイザー

なんか色々とやっているんですよね

一日めだか一色の
激務をこなしておりました

野外飼育で22本
室内飼育で11本

合計33本の水槽を回していますが
来月には50本に到達しますwww

来春には100本を超える数を
野外飼育行いたいと思っています

室内ではグッピーやりたいですねw

全水槽の水替えをしました
野球観戦以外は水槽のそばに居ました

そうなると更新する時間が
完全に無くなってしまいます

ローテーション組んで
少しずつ水替えをしているのですが

梅雨時期やゲリラ豪雨など来たら
水質が一気に変化する為
水替えを急遽するわけです

一気に水質が変わったみたいで
野外飼育のめだか達の状態を見て
慌てて全水槽水替えをしたわけです

必死に水替えをしている筆者ですが
実はまだ、めだかの販売は
まだしてないんですwwww

筆者は卸業者から購入しためだかから
産まれた個体を売るつもりがなくw

そこで掛け合わせた
オリジナルのめだかのみを
販売する方針です

まず購入したメダカと
私のめだかを掛け合わせて

その子供達を更に掛け合わせて
その3分の1の子供達が
オリジナルメダカになるわけです

その他の3分の2のメダカは
雑種扱いにする方針で居ます
そのめだか達は寄進しています

小学校の学校や幼稚園
保育園、介護施設などに
無償でお分けして殺生をしない方針で
ブリーディングを進めています

雑種のめだかは
ミックスめだかとして
ヤフオクとかホームセンター系に
安く売る事もできるのですが

個体の形や色にこだわる私は

中途半端なめだかで
商売するつもりがないのです

頑固なんですよねww

今産卵している子供で
掛け合わせたメダカ達が
ようやくオリジナルメダカになります

その中で選抜した良い個体だけが
商品化出来るわけです

適当にボコボコ子供産ませて
数で勝負する業者が殆どですが

筆者は徹底して種親を厳選して
馬鹿みたいに出産数を稼がず
徹底して選別をして産ませています

だから種親は各品種ごとで
オスメス5ペア程度しかいません

今年の秋から春に向けて
飼育と産卵を室内で行って
来春になってようやく商売出来そうです

頑張ってますよw

じゃ、野球の話をしましょうかw

 

巨人3連敗だった
最悪の開幕カード

投手は抑えられないわ
野手は打てないわ
打線は繋がらないわ

しっくりこない3連戦だった

巨人と阪神の打線の状態の差が
アリアリと見えた3連戦だった

阪神打線を見て思うのが

ストレートへの対応が
若干振り遅れ気味の選手が
結構多いのが気になる

ぶっちゃけ打線の状態が良くない
かなり悪いですね

阪神は球界で最初に
コロナ感染者を出して
世間を揺るがせた球団である

他球団が練習をしている間
阪神は練習自粛せざる得ない状況だった

練習が満足いくところまで
全然到達されていないと思うが

コロナに感染した坂本は
猛打賞の大活躍だったりした

要するに
準備とかプロ意識とか
技術面の向上とか
苦手部分の克服とか

全てに於いて
全然足りてないわけです

巨人さんとは天と地だった

競争意識や
スタメンに対する危機感とか

全然安泰な選手が多すぎる

矢野政権は、金本政権時より
色々とユルユル体制なのは
絶対にあると思う

開幕3連戦でも

お試し起用的な部分を感じる所が
随所に見えていた気がする

オープン戦の様な感覚が
どうしても感じ取れる3連戦だったが
あの3連敗は公式戦なのだ

これは選手だけでなく
監督、コーチ全体の責任

開幕ちと舐めていた部分が
絶対にあったと思う

いや、舐めてたわけではない

出来ていたつもりだったと思う

それがあそこまで
天と地の差を生んでしまったと思う

開幕までにベストコンディションを
維持するもしくは仕上げてこれなかった
選手がゴロゴロ居たのは事実

プロ意識部分に関しては
監督コーチ選手含めて
球団全体に対して足りなすぎる

情けない

 

 

この3連戦を見て
筆者が一番解せなかった事がある

それは捕手起用である

筆者の記憶が正しければ

昨年GG賞受賞した
梅野が正捕手確定の感覚で
筆者は感じた以上に
確信を持っていた

捕球・リード・強肩
投手からの信頼度

その全てに於いて
正捕手は既に梅野だと思っていた

公式戦開幕から
日替わりスタメン捕手

2戦目の岩貞の場合
原口と常にコンビを組んで
ある意味、楽天時代の
岩隈先発の時の藤井さん

みたいな形なのかもしれないと
筆者は思っていたのだが

ガルシアに対しては
梅野でもない原口でもない
坂本がスタメンマスクをかぶった

一言で言って

金本さんも矢野さんも

GG賞受賞している
日本球界屈指の捕手である
梅野が開幕からこんなにスタメン外れて
捕手日替わりランチみたいな起用

梅野が怪我をしているならば
それは仕方ないと思うが

そうでないとしたならば

金本前監督も矢野監督も
日本球界を代表する梅野の
存在感を理解していない

もしくは好みではない

もしくは坂本、原口推し

そんな事は無いだろうけど

そんな噂が流れても
仕方のない起用を
開幕から矢野監督はやっちゃったわけ

まず侍ジャパン候補に選ばれる
可能性が高い梅野を控えにする
球団は恐らく阪神意外はないと思う

 

 

 

 

正捕手確立は
チームの安定度を図る上で
絶対条件であると筆者は考える

正捕手が居て
怪我の時や休養時に
代わりの捕手が出場する

これが通常の流れだと思うが
阪神は金本監督時代から
正捕手は多分梅野かな?

という様な起用を続けている
気がしてならない

今以上に
実力主義の起用が必要だし
鬼の査定だって必要だと思う

正捕手育成は
城島引退後からずっと
阪神にとって絶対の命題だった

ここに来てこの様な起用は
正捕手確立を止める
恩情起用と叩かれても
仕方ない開幕3連戦だったと思う

矢野監督だって
正捕手を奪い取って
長期正捕手で君臨し続け
城島獲得によって苦渋を舐めた

 

野村監督が古田や嶋を育てた
そして矢野正捕手も確立させた

正捕手出身監督であるならば

捕手起用と育成は特に
徹底できる監督であると信じたい

 

筆者だって坂本の配球が好みで
原口の裏をかいたリードと
打撃力に魅力を感じる

梅野が怪我した時など
実戦に適した捕手を同時に
鍛える必要性だって理解できている

ただ、捕球・強肩・リード・打撃力
その全ての平均値を叩き出すならば

圧倒的に梅野が抜けているのは
事実だと筆者は感じている

今は絶対に
正捕手安定度を貫くべき時期

 

絶対的正捕手は
投手陣にとっても
チーム全体にとっても
絶対不可欠であるが

正捕手確立に向けた起用とは
全然違う起用を金本政権から
続けている気がしてならない

 

もう一度書きますね

GG賞受賞の捕手を
控えに平気で回す球団は
阪神以外ないと思う

恐らく、金本・矢野政権位だと思う

あり得ないと筆者は感じている

梅野が怪我をしている
もしくは違和感を感じている

今現在がそうであれば
大変申し訳ない記事となってしまうが

正捕手確立に関して
クソトロイ状態であることを
記事にしてみました

この記事は個人的感情論なので
反論系のメールに関しては
スルーさせて頂きますwww

めだか大変だしwwwwww

それではごきげんようwww

今日から更新頑張ります

 

**************************************

この記事が良かったら是非、
ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

**************************************

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと
Facebookはこちら

フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら

虎心不動インスタグラム

**************************************

虎心不動への質問やご意見は
下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて
返信する時もありますw

**************************************