虎心不動スポンサーリンク あなたにおすすめの商品


ようやく阪神が今季初勝利を収めた
4試合目の勝利であるが
ぶっちゃけ首位とのゲーム差は
たったの3なんですからwww

皆の共!騒ぐ出ない!

まだ始まったばかりじゃねーか!

 

そういえば昔北野監督の映画
キッズリターンズのラストで

 

俺達もう終わっちゃったのかな?

馬鹿野郎!
まだ始まったばかりじゃねーか!

 

なんてセリフがありましたな

そんなんどーでもいいっすよね?

では野球の話を書きましょう

 

筆者はドームで
青柳を使って欲しい
出来れば開幕戦で使うのも
奇策として効果的だと書きました

彼の投球は本当に
的が絞りずらいので
本当に投げてみないと分からないですが
吉と出るか?
凶と出るか?

ぶっちゃけ面白い展開が
必ず見れると思ったわけです

カットボールと沈むツーシーム
更に沈まないシュートがあるだけに
マジで芯で捉えにくい荒れ球
彼の武器なんですよね

台湾のパームの王者 王 建民とは
全く別物の変化球ですが

沈んだり沈まなかったり
捉えずらいタイプなのは間違いないです

四死球で苦しむ展開も
多々ありますが、頼れるエース級に
慣れる可能性は極めて高い

彼の荒れ球は
間違いなく大砲系のブンブン丸には
効果的な投球内容になると思う

 

梅野も出たとこ勝負の
キャッチングをするわけです

構えた逆球で見事に
抑えられちゃうのだから

 

そんな青柳がヤクルト打線相手に

6回投げて
1安打無失点 与四球1
奪三振3
球数は77球

ちと交代が早い気もするが
しっかりと抑えたのが凄い

先発がゲームを作れば
何とか試合は作れるわけです

 

虎心不動スポンサーリンク 楽天トラベルで阪神の試合やキャンプへGO!

 

さて、天と地というタイトル

それは言うまでもなく

2年目のマルテと
1年目のボーアの事

4試合現在では
まだ4試合で20打席にも
到達していないのですが

打率4.62
安打数6で本塁打1打点は2
四球は3つ選んでいます

逆にボーアさんは
16打席で安打0
四死球も0で出塁率自体がないw

これぞ正に天と地の評価です

マルテに関しては
昨シーズン終了時点では
来季の契約は未定だった

打率がそこそこ行けたので
新助っ人がコケた時の保険程度で
残留が決まった系の見方が多い

確かにその流れは絶対に
球団内にあったと思われる

筆者的には
本塁打数はさほど期待していない
どちらかと言えば

安打数を稼げる中距離助っ人
出来れば得点圏打率が高くて
頼れる存在であって欲しい

その内容の評価は
実は昨年とさほど変わっていない
筆者的には
マルテはホームラン量産型ではない
むしろマートンタイプに少しだけ
パワーがある感じで捉えている

 

安打量産と飛距離的に見ると
ゴメスとマートンの中間的な
タイプだと思っている

だから首位打者を取れるタイプでもなく
ホームラン量産型でもない

 

ただ言える事は
守備の安定度の高さと
チャンスを作ったり
チャンスに応える
頼れるタイプになる事は間違いない

 

大砲系助っ人という
マーキングを外して見ると
意外と優良系になるのがマルテですね

 

マルテに対しての一番の評価点は

間違いなく身体を大きくして
再来日を果たしている

昨年のナバーロと違って
身体を大きくしても
スイング速度とバットコントロールを
維持して再来日してきた

どれだけオフシーズン
努力して頑張った結果が
今シーズンの好調に繋がっていると思う

 

これだけは言える事だが
昨年の経験が活きている

日本球体に対峙するにあたって
自身に何が足りないのか?
何が必要なのか?が分かった上で
オフシーズンを過ごしてきたと思う

2年目の強みでもあるし
勉強家であり努力家でもあると思う

彼を残留させた球団は
実に賢い選択が出来たと思う

とっとと助っ人を斬りまくる
球団にしては良い選択が出来たw

 

虎心不動スポンサーリンク 送料無料の楽天ブックス

 

対するボーア

たった4試合でクッソミソ

ちょっとね
マスコミもそうだし
日本人体質なんだろうね

日本球界を中心として考えるから
視野が非常に狭いんだと思う

先ず筆者が言いたいのは

そんなね
4試合タコった位でね

今シーズンオワタ
この助っ人イラン
とっとと首にしろ

心無きSNSの感情論が
非常に目立っているわけです

まぁ確かにね
満塁のチャンスで
あれだけズッケコケたらね

叩かれる要素はあるよ

 

でも日本球界に慣れるという
意味では時間がかかるのも
理解すべき部分もあると思う

まず審判の
ストライクゾーンのワイド

これをオープン戦や紅白戦
対外試合の段階で熟知しなければ
開幕戦に絶対に間に合いません

更に日本人独特の
低め一杯に集められる
スライダーやカットボール

 

この特徴も
対戦して体感して
身体で覚えるしかないのだから

速攻日本球界に合うタイプと
最初苦しむタイプが絶対に
分かれて出てくるわけなんだから

それ以前にボーアの今の状態を
見て筆者が一番分かる事

 

一番の問題点は

アウトローの距離感が
全く掴めていないこと

140キロ後半のストレートに
振り遅れている現実

この2点なんですよね

 

ストレートは振り遅れて
変化球は擦ってしまう

芯に当てられていないので
こすり気味なんですよ

だから打球が
上に上がり過ぎたり
内野ゴロで収まる
打球の強さになったり

とにかくジャストミートが
出来ねぇ状態なんですよね

 

まぁ新助っ人で
2億7千万契約をしているので
早々代えられないですよ

ある程度試合数を見て
状況を見極まる期間が必要

筆者は現実論で言えば
ファームで調整が一番手堅いと
思うのが本音なのです

 

でも、速球に対応出来る
スイング速度が安定すれば
速攻化ける可能性だってあるわけです

あれだけ凹んでいる姿を見て
筆者はボーアに対して
エールを送りたくなるんですよね

がんばれ!って素直に思う

 

虎心不動スポンサーリンク

 

 

 

ボーアにも問題がありますが
筆者はユーザー様にここを大事にして
選手を応援して欲しいのです

打てない本人と
それをカバーすべき指導者

打てないのは
本人とコーチ陣の責任なのです

 

これを選手オンリーで捉え
誹謗中傷しかしない者は

そこを分かっていないと思う

 

あれだけ速球を振り遅れている
助っ人に対して、打撃指導者は
どんな修正やアドバイスを
ボーアにしているのだろうか?

 

アウトローの距離感を
全く掴めていないボーアに
どの様な対策案を出して
本人に指導しているのだろうか?

 

試合前に必ず
修正作業を行っていると思うが
効果が出ないとしたならば

 

本人と指導者双方に
問題があると思うわけです

選手の不振を助けるのが
打撃コーチの役目なんだから

 

日本球界のコースや
変化球への対応力は
絶対に身体で学んで身に沁み込ませる

これが日本球界に入った
一番最初に受ける洗礼なんだと思う

ここをどうやって乗り切るか?

 

一番の問題点は

日本球界のワイド気味な
ストライクゾーン

ボーアから見ての
アウトローの距離感

ここを徹底して指導していたら
この様なスランプは絶対になかったと
思うのが筆者の考えである

 

ただ、本人が理解して
乗り越えなければならない
壁でもあるのも事実

 

筆者ならこうアドバイスする

引っ張るにしても
流すにしても

まずは軽くバットを出して
重心と遠心力のコントロール精度を
安定させることが大事だと思う

だからコンパクトに振らせると思う

 

ここまでのスランプだと
まずは安打数を稼がせる方向性から
スタートして速球への振り遅れ対策

そしてバットコントロールの
安定度を第一に強化させると思う

大砲だからそれが出来ないのであれば

ファームで調整させるしか
無くなってしまうわけだが

フロントや親会社がすれば
獲得した責任問題にも繋がるので

ファームで調整は
当面現場もできないと思う

だったら今彼に対して
何をすべきか?を考え
彼に適したスイング修正を
いち早く行うべきだと思う

それが出来なければ
ファームへ行かせる以外
方法がなくなってしまう

 

そうなる前に
ボーア本人も
指導者達も
本当に頑張って欲しいです

 

ブラゼルの再来に可能性がある
大砲助っ人獲得だったはず

 

頑張れ!ボーア

バットコントロール精度と
速球への対応力が安定できる日が
一日でも早く実現出来るように
頑張って欲しいです

 
 

虎心不動スポンサーリンク

**************************************

この記事が良かったら是非、
ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

**************************************

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと
Facebookはこちら

フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら

虎心不動インスタグラム

**************************************

虎心不動への質問やご意見は
下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて
返信する時もありますw

**************************************

虎心不動スポンサーリンク