糸井・サンズ・ボーアが
安打を放っての勝利

この3人が打ってくれると
本当に強い感が沸き起こる
それだけ頼りにしているファンが
本当に多い証拠だと思う

大瀬良から勝った試合
その中でもズルズル負けそうな
嫌な展開を打ち消したのが
やはり西だった

あ?そうそう森下完封負け試合はごめんね
仕事忙しくてとても試合見れなかったわ

 

虎心不動スポンサーリンク あなたにおすすめの商品

虎心不動スポンサーリンク コロナ対策特集

 

FAで獲得した西
2シーズン目を迎えているが
彼が来て変わった事は2つ

1つが先発としての使命感

彼が常に見せてくれる
責任感溢れる投球の姿は
ファンからも絶大な支持を受け

援護が足りないと
野手が揶揄される程
彼の力投はファンの心に響いている

それだけの影響を与える先発投手は
早々居ないと思う

 

彼の投球を見て
首脳陣・野手は当然の事
阪神投手陣全体に対しても
闘志を燃やす起爆剤として
実に効果をもたらしてくれている

 

彼を獲得したことで
阪神投手陣特に先発陣は
責任感をより強く感じていると思う

 

2つめは個人的意見 

甲子園マウンド改革

 

甲子園球場の現在のマウンドは
MLB仕様に近いと言われている

昨年から甲子園のマウンドは
日本一投げやすいマウンドから
京セラ対応のマウンドへ変わった

それをプロデュースしたのが
言うまでもなく西だった

サブホームグランドのマウンドで
本来の力を出し切れない
投手が実は多かったのが現実だった

 

特にナゴドとマツダ

固めのマウンドでなかなか結果が

出せない投手が沢山いた

 

それは甲子園球場のマウンドが
高校球児でもベストピッチが可能な
最高過ぎるマウンドであり
相手投手ですらベストピッチが可能

だから甲子園では投手戦が多くなり
逆にビジター戦の方が打撃戦になる
傾向が非常に多かった

 

甲子園のマウンドが
固めに設定されたことにより
過保護化された温室育ちの
投手は本来の姿を魅せられなくなった
ケースもぶっちゃけあったと思うが

それ以上に京セラというマウンド
更に固めにビジターマウンドでも
戦える投手が増えてきたのも事実

その甲子園のマウンドを
阪神園芸さんと西で話し合いをして
球団承認の元で決定された

これFA1年目に実行している

その点については
球団もよく重たい腰を上げて
実行し実現させたなっと
感心している部分もある

 

虎心不動スポンサーリンク 楽天トラベルで阪神の試合やキャンプへGO!

 

今日の大瀬良は確かに
カットボールのキレも悪く
シュートも高めに集まっていた

それを逃さなかったのが
阪神打線だったと思う

2番糸原が怪我で離脱している間
糸井や木浪や中谷などが
賄っているのだが、その中でも
一番経験豊富な糸井が昨夜は見せてくれた

 

2番打者って最近にも記事に書いたが

バントや安打や盗塁のかけひきの
立役者になるなど非常に難しいポジション

近本が出塁した際には
盗塁するまでバントを我慢したり
わざと空振りをして盗塁しやすくする等

意外と難しいポジション

 

2ストライクを恐れてはならない

3バントや2ストライクから
粘りの打撃力を魅せたりすることが
本当に必要となる

 

確かにここ最近のNPB全体が
2番打者の定義が変わりつつある

ちょこまかした打者を置くより
頼れる打者を設置するケースが多い

ただ巨人の原さんの野球を見て

大砲でもバントサイン出すんですよね

そのサインの期待や指示に
しっかりと答えられる技術力を持っていれば
大砲系の打者でも2番打者に設置されるような
時代になりつつあるのかも知れない

つまり、足が速くてバントが巧い打者が
2番に相応しいという時代が終わるかも知れない

 

いずれにせよ
今現在球団では糸原が
最も2番打者に相応しいと思う

 

彼の居ない時期に
2番が固定できない事自体が
2番打者の層の薄さを露呈した部分も
否定できない部分があると思う

 

木浪や植田海よりも
やはり糸井が一番頼れる
2番打者なのが現実論かも知れない

 

かけひきが出来る打者になる為に
糸原離脱の最悪のケースを考えて
第二の2番打者を育成する時期かもしれないが
今は糸井が一番適任かもしれない

 

その糸井が打点を含めた猛打賞

 

2番提議云々以前に
存在感でカバーできることは
今の首脳陣にとっても彼以外
頼もしく安心して見られる2番打者が
居ないのかも知れないが

足がイマイチの状態ということを
金村さんも言っていましたので
無理をせず糸井には頑張って欲しいですね

頼れる糸井の状態が良くなり
活躍できるのを待っています

まずはシーズン離脱せず
戦い抜けることを願っています

 

虎心不動スポンサーリンク 送料無料の楽天ブックス

 

さて、ボーアですが
虎心不動はそろそろ打ち出しますと
前回の記事で書いています

 

それを宣言できたのは
腰の回転力を活かしたスイングを
横浜戦の最終日から見え始めたから

 

森下完封試合の時は
筆者忙しくて記事に書けませんでしたが
森下の試合は彼が凄すぎたのは事実

 

今日の打席を見て分かったのが

アウトコースへの迷いよりも
タイミング重視で打撃修正を
重ねてきたの事が何となくわかった

 

アウトコースのフォーク
センター前に運びましたが
ぶっちゃけクソボールです

ほらwww
こんなボールに食らいついたのです

 

 

ただ、バットの先に当てながらも
腰の回転が効いていたので
あの打球が実現したわけです

 

あれ横浜戦までは
三振していた展開でしたが

間合いの修正はしたと思うし
バットの出を多少遅くしたので
前のめり防止策を井上さんが
徹底して行ったかと思う

 

軽く振り抜いているので

焦らずゆっくり待って
ひきつけてバットを出す

 

これを150キロケースの
ストレートに対応出来るか?
以前に、まずは軽く振り抜かせる

 

それを井上打撃コーチは
大スランプ脱出のはじめの一歩として
実行しているのだと思う

 

虎心不動スポンサーリンク

 

 

2打席目はインローのストレート
147キロを詰まりながらも弾き返した

この配球は以前マツダで対戦した時は
間違いなく安打にできないコースと球種

だからね
腰の回転力があるから
詰まりながらもあそこまで飛ぶわけです

 

この2打席目のインローのストレートを
安打にできた事が今日の一番の収穫

 

何故ならば
ストライクカウントを稼げる筈の
インローのストレートを弾き返して
タイムリーにしたのだから

 

インコースのストレートに対して
対応力が出来た事は井上打撃コーチは
一番手ごたえを感じた瞬間だったと思う

 

筆者個人的にも
本塁打まであと少しまで来たと
確信したのもありましたね

 

3打席目は
アウトハイのシュートを弾き返した
アウトハイを引っ張った事は

大砲としての基本形
ドーム球場では尚更の事

 

引っ張れば飛距離が出るのだから
ストライクゾーンのアウトコースは
いつでも引っ張れる準備を怠らない

 

大砲打者としての使命感は
捨てていないことは間違いないので

 

時期にまた本塁打を打ち出すと思います

 

まだ軽く振り抜いて
バットコントロール精度の安定化と
アウトコースの距離感を掴むことを
やっている段階なのは明らかです

 

ただ腰の回転力を活かせているので

 

甘いコースへ来た失投を
逃さず捉えて飛ばす日は
そんなに遠くないと思っています

 

大山より本数は絶対に稼ぐはず

 

虎心不動スポンサーリンク

**************************************

この記事が良かったら是非、
ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

**************************************

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと
Facebookはこちら
フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら

虎心不動インスタグラム

**************************************

虎心不動への質問やご意見は
下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて
返信する時もありますw

**************************************
虎心不動スポンサーリンク