横浜スタジアムは
第二のホームグランド

そんな感覚を持った阪神ファンの
同志達よ

横浜投手陣はかなり進化している

そして速球派が安定して
中継ぎ抑えに集まっている

彼たちを打ち崩すのは
本当に厳しい状態となった

打線も恐ろしい
巨人打線と匹敵する

佐野と梶谷をまず
抑え込まなければキツイ

打撃力の差が
巨人同様あり過ぎる

 

矢野監督に訴えたいのが

神里のバントの足

完全に足がアウト対象だが
リクエスト対象外

あれは確認ではなく抗議すべき

チームの為に戦うならば
退場覚悟で鬼の形相で
戦うべきだったと思う

抗議退場は確かに見苦しい

でもそれ位の潔さと
覚悟があれば少しでも
テンション下がり気味の
選手たちの心に響くもんだよ

退場覚悟で戦っても
判定は覆る事は無いと思うが

それでも戦う姿勢って
本当に大事だと思うんだよね

 

虎心不動スポンサーリンク あなたにおすすめの商品

虎心不動スポンサーリンク コロナ対策特集

 

青柳を見て痛感した

先発投手陣がここに来て
一気に夏バテモードかも知れない

確かにここまで
よく貧打線に阪神に対して
踏ん張り続けた投手陣なのだが

防御率が著しく落ち始めた

青柳のシンカーが
どうも切れ味が悪い

月曜日の高橋もそうだった

とにかく今は
先発投手陣が踏ん張らなければ
どうしようもない状況

望月に関しては
試合感覚がダメな気がした
ある程度の感覚で投げさせないと

中継ぎ陣は腐ってしまう

中継ぎ陣はある程度回さなければ
しんどい展開になってしまう

ただ昨夜の小川のフォーク
戸柱の打席で2m手前で
バウンドする暴投

これは流石に梅野でも
止められなかった

あれ2発止めたらもう
地球人じゃねーよww

しかも2連発で2点献上

これでは勝てる試合を引き分け
勝たなければならない試合を
あっさり失点献上してしまう

 

失策内容が酷過ぎる

 

これではチームは波に乗れない

 

阪神打線課題と状況は?

横浜も巨人も
ローボールにしっかりと
対応して打席に立っている

 

今年はNPBの審判は統一して
ストライクゾーンの低めが
国際ルールでは通用しないレベルで
ストライク宣告をしている

ワイドゾーンは
審判個々の性格によって
全然違うのは毎年の事だが

この縦のストライクゾーンは
ひざ下10センチでも宣告

この宣告で阪神投手陣も
多々恩恵を受けているのも事実

 

ただ、このストライクゾーンは
国際試合では一切通用しない

NPBはボールと言い
ストライクゾーンといい
ガラパコス式の酷さを露呈している

ただ、大きな違いは

そのストライクゾーンに
対応している球団は
やはり低めのストライクを
徹底して打ちに来る

 

巨人と横浜がそうなんだよね

下から掬い上げる様な
スイングであったとしても

弾道がライナー性に飛ぶことが多い

阪神打線は
上に高く上げてしまう傾向が強い

 

この段階で

フライアウトか?
2ベースになるか?
ヒットになるか?
本塁打になるか?

 

このローボール対策こそ
今年の打線のキーワードだった
のかも知れないね

 

虎心不動スポンサーリンク 楽天トラベルで阪神の試合やキャンプへGO!

 

ローボールの見極めは
とにかく身体でゾーンを
しっかりと叩き込む事

掬い上げない様に
レベルスイングを意識して
振り抜く事なのだが

これが出来るか?
出来ないか?の差は

足腰の丈夫さなんですよ

ローボールヒッターってね
起用だけじゃないんですよ

足腰がクソ強いですよ

阪神では本来のスイングが
しっかりと出来るのであれば
高山が対応できるはず

ただ、高山は4打席使って
なんぼの打者なので(汗)

更に彼の場合は金本政権時に
飛距離倍増計画でフォームを
型にはめられてしまい
本来のスイング速度と
バットコントロールを
完全白紙状態にされてしまい
現在に至っているわけだ

ローボール対策を
しっかりと阪神球団が
情報をキャッチして
シーズン前から対策を投じていなかった

 

精神論とか自主制度なんて
クソ喰らえの時代なんです

 

理に叶った計画性のある企画と
実戦が出来ていないからこうなる

 

速球とローボール
インストとアウトローの変化球

とにかく狙い球と失投を待つ間
ファールで粘って戦えない打線

 

ミートポイントを下げて
足腰の鍛錬が足りなかった故に

 

ローボールと速球と
インストの対応力が
かなり巨人と横浜に比べると
酷い状況である

 

そしてもう一つ感じた事

 

大山なんですけどね
元々スイングがクソ速い打者で
獲得したはずなんですよ

 

その大山がストレート振り遅れが
非常に目立ち、スライダー専門

この状況をずっと見てたのですが

なんでこんなにスイングが遅くなって
スライダー専門みたいになって
アウトコースを流し打ちしてんだろ?

 

昨夜入団1年目と2年目の動画を見た

あ?これ清原モードになってる

 

体重増やして筋肉相当つけた

レスラー体系のバッターになってる

 

だからスイングの速度も
守備の瞬発力も落ちて

ファースト体系に近づいているのか?

 

ベスト体重を大幅にオーバーして
パワー重視の鍛え方を続けて
瞬発力が低下している可能性が高い

 

ただ怪我をしない野手なので
身体は丈夫で柔軟性のある
身体能力であると思う

 

清原ってね
西武時代の体系が一番ベストだった
巨人に来て筋肉マンになって
ベスト体重をかなりオーバーして
膝に負担もかけて更にスイング速度も
かなり低下していた

彼が肉体改造しなければ
怪我の時期も短くなり
もっとスイング速度が落ちず

もっと本塁打稼げた打者だと思う

もったいなかったんですよね

 

大山は清原ほど
レスラーになってはいないけど

ベスト体重をかなり
オーバーしていると思う

身体絞ったらスイング速度
かなり取り戻せると思う

 

スイング速度が速くなれば
勝ちパターンの速球や
インストに対してもスイングが
全然対応出来ると思う

 

速球を弾き返し
アウトローを引っ張る

 

それが出来るようになれば
30本は超えるよ

 

それはまだ先の話となると思うが

今年はとにかく失投を逃さない

それが今年大山が戦うべき
大きな課題であると思う

それが出来れば25本は行ける

 

虎心不動スポンサーリンク 送料無料の楽天ブックス

 

最後にボーアですが

大きい当たりをしていない

大砲としてはアレなんですが

実は進化している

速球への対応力や
シフト対策に取り組んでおり

対応力が向上していると思う

本塁打には全然お話にならない
当たりを見せていますが

体格からしてあり得ない当たりを
見せているのですが

NPBの野球とストライクゾーンに
対応すべき学習は進んでいる筈です

もう少し我慢して
ボーアを見守っていきたいなっと
筆者は考えているわけです

彼の打率は徐々に
向上し始めていますが

問題は疲労蓄積なんですよねww

サンズにかなり差を広げられて
大山にもかなり出遅れていますが

彼の頑張りを今は見守りたいです

 

虎心不動スポンサーリンク

 

 

明日は先発斎藤ですね

近本と木浪の同期

制球力をアップして
154キロマックスの
ストレートを持って来ます

プロ初先発なので
かなり緊張すると思うし
増して横浜打線がデビュー

明日は斎藤の頑張りに
期待してみたいと思います

 

虎心不動スポンサーリンク

**************************************

この記事が良かったら是非、
ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

**************************************

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと
Facebookはこちら
フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら

虎心不動インスタグラム

**************************************

虎心不動への質問やご意見は
下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて
返信する時もありますw

**************************************
虎心不動スポンサーリンク