今日か敵地巨人戦

今日負ければ巨人に
マジック点灯となる

マジックが点灯しても
虎心不動は全然何とも思わない

マジックって点灯したり
消灯したりするものだと思うし

消灯して点いたら
数字が減ってるものだと思っている

巨人以外には
互角以上の戦いが出来ている

その巨人戦にどう挑むか?

マジック以前に
感情的になっても仕方ない

今、これから阪神は
どう戦うべきか?だと思う

 

虎心不動スポンサーリンク あなたにおすすめの商品

虎心不動スポンサーリンク コロナ対策特集

 

マルテの怪我が長引き
その裏ではサンズが開花

これも野球の神様が与えた
チャンスだったと思う

マルテは恐らく
球団で最もストレートを
捌ける打者だと筆者は見ている

球威があっても
しっかりと弾き返せる

更にNPBの経験値も高い

彼が復調したら間違いなく
彼は1軍へ上がって来ると思ている

まだ分からんけどねwww

そうなると問題は
ポジションになるわけです

 

虎心不動スポンサーリンク 楽天トラベルで阪神の試合やキャンプへGO!

 

実は、今活躍している大山

彼もマルテ離脱によって
サード固定化を獲得した

 

サンズと大山の二人が
マルテ離脱によって
チャンスが巡って来て
それを結果を出している状態

 

離脱ってね
すごく痛いんですよ

でもね
離脱って控えの選手にとっては
この上ないチャンスなわけです

不調もそうですよね

 

福留離脱によって
陽川にチャンスが巡って来て

今ではバナナタオル販売っすよ

 

だからね
離脱によってチャンスをモノにした
選手がこれだけ揃っているわけです

しいて言うなら
セカンド糸原の時に
どんぐりの背比べを見せた事が
ちと残念だったと思うのが本音だが

それでも小幡という存在と
植田というスイングの速さの進化が
見れることが出来た

だから今年の阪神は
世代交代の波や
離脱によってチャンスを得た
改革が巻き起こっているのも事実

あとは経験値を如何に
活かすことが出来るか?

それが成長に繋がっていくと思う

内野手の層
特に二遊間ですね

木浪・糸原に代わる存在の
層の厚さが本当に欲しい気がする

 

虎心不動スポンサーリンク 送料無料の楽天ブックス

 

マルテは確かに才能高い打者

ただ、欠点がある

怪我が多い

離脱って特に助っ人は
キツいですよね

首脳陣だけでなく
球団として痛いです

怪我ばっかりは仕方ない

でも特に助っ人は
日本人以上に外注感覚が高い存在

エドワーズもそうです
彼が離脱して
ガンケルが輝いたりして
エドワーズが主だったのに
これでは・・・ってなる

マルテも同じ立場なんです

 

ただ、マルテは今シーズンに限っては
実はまだチャンスがあるわけです

怪我復帰が何時か?によるけど

ボーアがサンズと比較されてると
ボーアがマルテの経験値と比較されると

マルテファーストもしくはサードの
可能性だって高くなるわけです

もちろんボーアだって
考えながら野球をしていると思うが

ボーアをサンズの大きな違い

ここが一番のポイントだと思う

 

虎心不動スポンサーリンク

 

 

サンズとボーアの
大きな違いは

2ストライクに追い込まれたからの

平常心

ここなんですよね

失投を待てるサンズ

そして失投を捉えられるサンズ

失投を待っても
アウトコースとインローに
騙されやすいボーア

このボーアの状態を見れば
マルテ復活したら起用したいと
首脳陣は考えてもおかしくない

ストレートの対応力が
マルテは極めて高い打者だから

ボーアに関しては
来季の契約云々以前の話で

大事なことは
今どうすべきか?だと思う

 

筆者はこう思う

初球と2球目あたりに
各球団は甘いコースに
ストライクカウントを
必ずと言っていいほど奪いに来る

それを見逃して
うなずくボーアが居るわけだ

ストライクカウントを
奪いに来る投球って
大砲系にはかなり勝負の怖さを
バッテリーは感じるのが普通だが

じっくりタイプだから
振って来ないだろうという
想定が他球団のバッテリーが
共通認識をしていると思う

ストライクカウントを
奪いに来るボールで
甘いコースがかなり来ているが

絞り球と違う見送りをしており

状況判断や
ヤマの張り方などを
ボーアなりに工夫している

 

ただ、初年度の助っ人大砲は

失投を逃すことが御法度なのだ

 

NPBの馬鹿みたいに広い
ストライクゾーンに悩むよりも
それを理解しつつあるサンズとボーア

2ストライクに追い込まれて
狙い球が来ない時
ファールで粘って頑張っても

インスト
インローの変化球

アウトコースの低め系

大体これでやられているのが
ボーアの特徴であるから

そうなる前に
ストライクゾーンの
ボールを先に捉えられるような
準備をして打席に立つべきだと思う

あんなに簡単に
2ストライク献上していると

もったいない

ホームランボール?

ってボールを見逃して
涼しい顔をしているのを見て

マルテ復帰したら
マルテ優先される可能性が高いな

と思ってしまうわけで
この記事を書いたわけです

 

井上さんもデータ叩き出して
各投手のストライクを奪いに来る
球種とコースを明確に提示して

 

積極的に甘いコースを
狙う方針で行かないと

本来の力を出しにくくなっている

初球から相手の持ち球の
全てを頭に入れて

どの球種であっても
それに対応出来る

常に2ストライクの感覚で

失投を常に捉えられる
大砲にならなければ
本来の君の力はなかなか出せないよ

助っ人初年度は

失投を逃すと間違いなく失速する

とアドバイスをして欲しいですね

 

あれだけ簡単に2ストライク献上
激アマコースであっても見送る

ヤマ張っている球種が
相手に分かってしまった上に
その策で最後は苦手コースで
仕留められていた時期が長かった

ここ数試合安打が増えたが

それでもかなりの確率で
失投をかなり見逃していると思う

もったいないの一言に尽きる
現在のボーアだと感じている

 

最後に
菅野のスライダーは
スライダー好物が打てる
スライダーではない

狙うならストレートか?
ツーシーム系だと思っています

両助っ人は
ツーシーム対応が出来るタイプです

必ず甘いコースに
ストライクカウントを奪いに来る

2ストライクに追い込まれるまでは
スライダーは捨てて
速球系に狙いを絞って
球数を投げさせるよりは

当てる体感感覚をいち早く持つ為に
積極的に振った方が良いと思う

 

球数が少なくてもいい
三振してごめんねでもいい

慎重になり過ぎたら
打つのが逆に難しい投手

展開で降板させる位

高橋を援護する覚悟で
今夜の試合頑張って欲しいですね

 

積極的な野球を
ビビらずやり抜くことが
一番の鍵だと思う

 

盗塁も失敗を恐れず
走り抜く事だと思う

 

1アウト3塁で
犠牲フライでも1点を
奪える様な泥臭い野球でもいい

 

勝って彼を引きずりおろせば
なんでもいい位の覚悟で

ぶつかって欲しいですね

 

振って当てて結果的に
ごめんねだったら

虎心不動は全然納得できる

 

積極的に行かないと
絶対に菅野は崩せない

 

虎心不動スポンサーリンク

**************************************

この記事が良かったら是非、
ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

**************************************

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと
Facebookはこちら
フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら

虎心不動インスタグラム

**************************************

虎心不動への質問やご意見は
下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて
返信する時もありますw

**************************************
虎心不動スポンサーリンク