いや、昨日ね
試合が見れなかったのですわ

虎心不動は見ない試合を
適当に記事にする事をしないタイプ

記事がない時は
試合見てないんだと思って下さる
古いユーザー様も沢山いる

試合と全く関係ない記事を
いきなり書く時がそうなんですわ

それが今日になるわけwww

今日は打撃論オンリーで
記事を書こうと思います

 

もうすく虎心不動も閉鎖やし

書き残しておきたい記事が
結構あるんですよね

今日はその打撃論を
書いてみようかな?っと
思っております

 

虎心不動スポンサーリンク あなたにおすすめの商品

虎心不動スポンサーリンク コロナ対策特集

 

コロナクラスター現象により
阪神とロッテは今正に
苦しい台所事情の中の
やりくりを続けている

大事なことは
勝つことは当然なのだが

どうやったら?

この戦力でどうやったら?

この工夫をやるしかない

 

野村阪神
中村阪神
村山阪神
第二期吉田阪神

この暗黒時代の監督の
教科書の中に
絶対にヒントがあると思うのが
筆者の考えである

 

理想と挑戦だけでは
絶対に野球は勝てない

相手はプロである

弱みにつけ込んで戦うのが
リーグ戦の定石だと思う

 

ただ言える事は
当時の暗黒時代に比べ

選手層は分厚くて
頼れる戦力が居るわけだ

天国に居る野村さんや
中村さん、村山さんは

この戦力で贅沢やな

っと嘆いている気がする

 

もっともっと大山を
確実な大砲化だって出来るし

もっともっと
サンズやボーアを
打てる打者に出来る

高山も中谷も江越も
もっともっと打撃安定度を
向上させる事が出来るのだが

 

それが出来ないのが
今現在の矢野阪神だと思う

 

虎心不動スポンサーリンク 楽天トラベルで阪神の試合やキャンプへGO!

 

まず、ネットでよく見かけるのが

スコアラーの質が悪いと

ぼやく方が凄く多い

スカウトの眼に関しては
確かに詰めが甘い部分があると思うが

スコアラーの質に関しては
そんなに酷くないと思うのが
筆者の考えである

 

むしろ優秀のはず

 

これだけの投手防御率を維持出来るのは

しっかりとしたデータが無ければ
絶対に出来ない偉業なんですよ

そのチーム担当者がダメだと
如実に結果が出てくるわけです

 

失投系とコンディション系で
大敗する癖があるのですが

失投をよく打たれているのは
どの球団にもよくある傾向だし

巨人の次にチーム防御率が良いのだから

優秀なスコアラーが居る証です

 

阪神ファンは凄く厳しい目線で
見る傾向が強いのも事実なので

スコアラーのせいにする
指揮官や監督のせいにする

違うんですよ
打てない事に関しては

選手を含めた現場なんですよ

 

よく首脳陣を叩くブログ見るんですよ

あれはあれで絶対正論なんだよ

感情論であったとしても
あれはあれで正論なんだよ

でもね
打てない選手を
首脳陣の責任オンリーにするのは
完全に間違っていると思う

 

選手を擁護して
首脳陣だけを叩くのは
お門違いだと思うのが筆者

 

それでも今日は
首脳陣の打撃指導に対して
疑問を感じている部分を
あえて書きます

 

例えば江越
横浜やヤクルトに行ったら
打ちまくる可能性があるって
昔から感じているんですよね

欠点を改善できない
打撃指導者が続いている事は
実は筆者も痛感しているのだ

 

虎心不動スポンサーリンク 送料無料の楽天ブックス

 

 

確かに今年の阪神は
打率が下がっても
本塁打はかなり向上した

これはいろはのいが出来ている

 

あのイチローでもオリックス時代
3番に設置された際に
飛距離を伸ばす為に打率を捨てたと
インタビューで答えた事がある

 

今の阪神打線は
正にこの状況にあったと思う

 

城島が日本球界に復帰した際

テイクバックを後ろにして
軌道を大きくして
後ろを大きく
前を小さくする理論を唱えた

所謂MLB打撃法

 

それは瞬発力が優れている
スイング速度が速くても
バットコントロールを乱さない
才能がまず存在しているわけだ

 

凡人にそれを求めても
無理難題なわけだから

それを実行できた天才金本が
その型に選手達にはめ込んだ瞬間
総崩れになったわけです

 

北條に対しても金本監督は

筋肉をつけろとは言った
でも彼は身体を絞らなかったと

ぼやきインタビュー発言をしている

 

つまり
瞬発力を完全に潰していると指摘

その現象は明らかである

 

天才高山も自身のフォームを
完全に崩した形になったと思うし
瞬発力がかなり落ちたはず

中谷に関してはもっと落ちたと思うし
江越もその一人だったと思う

だから速球に対応出来ないので

ファームで打てても
1軍の速球レベルに
対応できなかったのが
金本阪神の一番の欠点だったし

それを昨年まで引きずっていたのが
矢野阪神だったわけ

 

井上さんは今年
個々の才能を戻す為に
メスを入れた段階だと思っている

だから中日時代のゲレーロと同じで

失投を逃さないシーズンに
絞ってやっていると思う

 

ぶっちゃけ大山だって
ベスト体重は遥かに超えている筈

筋肉をつければ確かに飛ぶ

でも速球への対応力が落ちれば
インスト系やアウトコースへ
バンバンストレートを投げられる

それが岡本や佐野や村上は
捌けるわけだから

 

逆に言えば
今年の大山の本数は
ゲレーロ方式にした
井上さんの作戦が功を制していると思うし

失投を逃さない確率が増えたから
大山だってこの本数が出来ていると思う

 

ベスト体重を超えれば
当然瞬発力は本人の感覚以上に
動作が重たく感じるわけ

145キロを超えた速球
球威あるストレートに対して
振り遅れ現象が当然出てくるわけだ

それを引きづっているのが
今の阪神打線だと思っている

 

今現在、井上打撃コーチは
芯に当てて飛距離を伸ばすコツを
徹底して行っているのだが

如何せん
瞬発力不足によって
変化球を逃さない本塁打狙いを
主にしているのが分かる

 

だから140キロ中盤の
シュート系やツーシーム系を
捌けない打者が
ゴロゴロ居るわけだ

ファールになるじゃん

あれがその証

 

瞬発力がなければ
当然インスト系はもろくなる

サンズが正にその状態だし
ボーアも正にその状態だと思うし
大山もその状態なんだと思う

だからストレートやシュート系は
真ん中やアウトコース寄りの
腰のライン以外は捌けていない

変化球を狙って失投を逃さない

今井上さんがやっている打撃指導は
間違えていないと思うが

ベスト体重を超えた打者に対して
出来る事はただ一つ

失投を逃すなって事

 

速球を追えば
必ず前のめりになる

そうなれば
腰の回転力が確実に落ちる

そうなれば
上体が前に出る分だけ
腕に頼る傾向が増えてくる

結果的に
ドアスイング気味になるわけ

 

ヘットが寝て
バットコントロールが
完全に崩れてしまっている

 

だから打撃不振時期が
今年は長い選手が非常に多いわけだ

 

打撃不振のもう一つの原因が
準備不足だったと思う

 

スタミナ切れ防止策を
完全に怠ったのが阪神と
残りの4球団だったと思う

 

コロナ禍の遅い開幕

 

通常の走り込みや守備練習などの
練習不足は致し方ない開幕だったので

身体を絞る系を怠ってしまった打者が
全球団に存在しているわけだが

 

巨人は開幕前から
そのベスト体重維持に関しては
徹底していた部分があったと思う

あいつら相当走り込んでたと思う
あいつら相当守備練習していたと思う

だからスタートダッシュ出来たし
スタミナ維持も出来ていると思う

 

コロナでクラスター出したのもあって
凄く慎重に対応しなければダメだった
阪神球団だったと思うのよ

練習メニュー上ね

ただ、宣言解かれた後に
良かれと思った選手の決起会食が
結果的に裏目に出たので

筆者は凄く残念に思ったわけ

 

まずフロントが福留に

責任かぶせて逃れようとしている感がして

筆者はクソ面白くないのがある

 

練習させながらダマテンこいている

どっちに転がっても大丈夫な様にさぁ

 

ほんまに卑怯なフロントだと思う

 

球団名とロゴさえ残してくれれば

別に親会社管理の方が強くなる

悪しき伝統を斬ればええのにね

 

電鉄出向なんて

フアンは興味ないんだよ

強くて頼もしい常勝軍団を

作り上げて欲しいだけなんだよ

それが出来ない組織で

尚且つグループ子会社で

あがいている組織なんて全く興味ないんだよ

 

巨人に対応出来るのは

俺達の誇り阪神タイガースで

あって欲しいだけなんだから

 

イエスマン組織保護断絶

イエスマンが要らない組織

必要以上な口出しをする一部の

OBの顔が効かない組織

 

球団名とロゴと甲子園さえ

残してくれればそれでええよ

 

いかんww話が反れた

修正するばいwwww

 

虎心不動スポンサーリンク

 

 

小幡が期待され
近本が絶賛されるのは

ベスト体重維持が出来て
スタミナがあるからなんだと思う

 

小幡は来季下手したら
木浪食う勢いだよ

 

彼のスイングは木浪に負けない位
クソ速いから
経験値を積ませるには最高の時期

 

来季開幕から戦える戦力にする為の
先行投資を矢野さんは貫いていると思う

 

小幡と近本だったら
1・2番入れ替えても戦える位
凄い快速打線が形成できる可能性が高い

 

だからこの両名には
走者1塁に盗塁が出来る打者が居たら
お膳立て出来る粘りの打撃力が欲しいです

 

今残り試合
井上さんが徹底すべきことは

 

絶対に前のめりになるな

絶対に捕手側の脇を開けるな

 

そうすれば
待ちがなく後ろ大きくても
バットコントロールは維持できる

 

今以上に維持できるし
スイング速度だって維持できる

疲労蓄積との戦いだし
アウトコースとインコースの
対応力の戦いが続くわけだから

 

どうしてもアウトコースを
ファールで粘ると

脇が開き気味になってしまう

 

そこにインストがズドン
シュートツーシーム系が来たら

ドアスイング気味になって
高いフライを上げるわけ

 

外野に飛ばないような
深い内野フライね

 

捕手側の脇を開かないで
ファールで粘れるコツ

 

特にアウトロー系

 

この徹底化が出来なくて
井上さんも苦しんでいるよね

 

それをアドバイスできるのが
時の方福留大臣なんです

 

だから彼は絶対必要なんです

タイミングの取り方と
踏み込みの瞬間の2点を
徹底してアドバイスしたはず

 

つまり捕手側の脇を
開くべからずってアドバイス

 

疲れると小手先にで
誤魔化さなければならないので
それが癖になったら

打撃不振スパンが長引くわけだから

 

今正にそれじゃん

ボーアとサンズが正にそれじゃん

 

ボーアなんて

自身の状態が分かっているから

スライダー待ってるじゃん

2ストライクになるまで

 

それを修正出来ない井上さんは

大失態犯していると思う

 

 

コロナ禍で走り込み不足を
完全に露呈しているわけ

特に助っ人二人は完全に

ベスト体重超えているから

完全にスタミナ干上がってしまった

 

一番の薬は
ファームに行って
福留にアドバイス貰う事が
最短距離で復活できるのだが

 

ファンからは
試合捨てたと叩かれるし
助っ人代理人から
誤解指摘されるので
それも出来ないんだよね

 

ただ一つだけ言える事

確かにコロナ禍で
体力面で怠った部分が祟っているが
巨人がそれを出来ている以上

言い訳に出来ないのが現状

 

打線全体が繋がらない

打順を変えればいいってもんじゃない

 

両助っ人に限らず
第二期クラスター以前から

修正能力がキツイね
井上さんは

 

優しさが仇になってる処は
あるんじゃないかな?

 

守備練習と走り込み不足が
一番の原因であることを

何時指揮官は
素直に認めるだろうか?

 

スイングと守備以外に

必要な筋肉は要らないんだよ

レスラー体系作ったら

完全に瞬発力落すし

ベスト体重を超えすぎると

怪我しやくすなるんだよね

特に膝と腰回りに来るんだよ

 

秋季キャンプがない以上

自主トレで徹底して
鍛えまくらせる宿題を
徹底して叩き出さないとダメ

だから怠けた者は
ネームブランド以上に
切り捨てる覚悟がなければ

打撃改革なんてまず無理

 

来季の春季キャンプで
怪我人が出てもひるまない位
選手層を厚くすることが

今やるべきことだと思う

 

阪神は選手層が厚いのに
自らが薄くしているのだから

 

捕手側の脇が開いていたら

切腹出来ない時代なので控えにする位
覚悟が必要な時期なんだと思う

 

え?控えも脇開いている?

ダメじゃんwwwww

え?全員切腹系?www

 

最後に基礎体力と守備練習は

打撃練習の一番の肥しとなる

 

それを打撃一本にしたのは

大失敗だったと思う

 

今夜中止でなければ試合見る

富士市は朝から雨続きなんよ

 

ごきげんよう

 

虎心不動スポンサーリンク

**************************************

この記事が良かったら是非、
ランキング投票願います

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

**************************************

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

虎心不動のツイッターと
Facebookはこちら
フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター

虎心不動Facebook

インスタグラムはこちら

虎心不動インスタグラム

**************************************

虎心不動への質問やご意見は
下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて
返信する時もありますw

**************************************
虎心不動スポンサーリンク