昨日のヤクルト戦の勝利は
阪神にとっては大きな1勝だった

 

 

同点に追いつかれた後
星、近藤の速球派に全く
手も足も出ない状況だった

 

 

今までの阪神であれば
ズルズルと相手ペースに陥り
失点をして負けるパターンを
多く見てきた

 

 

しかし昨日は違った

 

桑原がしっかりと抑え
球児がイニングを跨いで
ピンチを迎えた時

 

北條のスーパープレーにより
ピンチを脱するなど

 

投手陣が踏ん張って踏ん張って
ヤクルトの勢いを断ち切ってくれた

 

 

球児イニング跨ぎ

筆者は基本的に
中継ぎ陣のイニング跨ぎは
ロングリリーフ以外は反対派

 

のっけから飛ばしまくる
速球派投手は特にそう

 

イニングを跨ぐと
絶対に肩が冷えてしまうので
2イニング目に

打たれるケースが
どうしても多くなるのだ

 

今日の球児も2イニング目で
フォークが上ずった
西浦は打ち損じをしてくれたが

 

その後にピンチを迎えた

 

イニング跨ぎは基本的に
投手本人もやりたくないだろう

 

 

星・近藤の速球派から
風張蓮に変わった時
筆者は打てると確信した

 

 

球威球速が一気に下がった
投手が出てきたからだ

 

そこにシュートを投げる

 

当然ストレートと
シュートを投げ分けるタイプだが

 

元々のストレートが
近藤に比べると天と地の差

 

増してシュートになれば
球威は一気に下降するのだ

 

中谷は落ち着いて
シュートを引っ張っての
決勝タイムリーだった

 

完全にシュート狙っていた

アウトコースのスライダー

吊られなかったので

速球なら何とかなると

中村がチョイスしたインコース

 

待ってたんだよ!

それを!

 

と言わんばかりに

綺麗に弾き返してた

 

 

ヤフーでは
ストレートと書いているが
あれはシュートっす

 

 

球筋が分からない
素人さんが配球をやってたと
筆者は確信している

 

 

中谷もスイング的に
速球に対応すべき
コンパクトに振り抜く感じがした

 

 

あの球威球速レベルであれば
戦えると思う

 

 

ウツキデスでヤクルトは
一気に大敗色を出したのだが

 

 

やはり投手のレベルが
阪神とは全く違うのが
ここ一番で分かってくる

 

勝ちパターンに限っては
阪神は安定度が高いと
改めて確信した試合だった

 

     

 

さて、今年はボールが飛ぶ
その反面、ストライクゾーンが
有り得ない位広い

 

アウトコースと低めが
非常におかしなジャッジに
感じるケースが凄く多い

 

筆者が見ても
いや、これは低いだろう?

 

と呆れるストライク宣告も多い

 

 

両サイド(特にアウトコース)
昨年と比べると
ボール1個位

低めに関しては
ボール2個分位

間違いなくストライクゾーンが
広くなっているのは明白

 

 

今日の星がその
広くなったストライクゾーンで
三振をブイブイ取っていた

 

 

ローボールヒッターを
量産しろと言っても無理難題

 

 

ただ、福留にしても鳥谷にしても
低めとアウトコースの
ストライク宣告に納得していない

 

確かに昨年までは
あのボールはストライクではなかった

 

 

だからね
ボールが飛ぶようにしましたので
ストライクゾーン広くして
帳尻合わせましょうか?

 

的な何かを感じたくなる位
あり得ないストライクゾーン

 

国際試合では絶対に
通用しないクソゾーンである

 

クソ感情が湧き上がってくるw

 

そんな嫌な事を考えたくなる位
低めとアウトコースの
ストライク宣告が多いのだ

 

 

ただ、筆者は凄く思った

 

見逃し三振のあと
仏頂面して怒って呆れて

そんな打者が沢山
阪神では試合中に見かけるが

 

 

まずね
ストライクゾーン

 

 

低めとアウトコースは
今年は広いぜ

 

 

という感覚を素直に受け入れ
対応策をしっかりとすべき

 

 

ヘッドコーチ
打撃コーチ

 

何してんねん!
他球団それ
ちゃんとやっとる!

 

見逃して納得しない顔して
ベンチに戻っても

 

そこには三振アウトしか
結果が無いのだから

 

 

先ずは低めとアウトコース

 

このストライクゾーン対策は
球団として
重要課題として
取り組まなければダメだ

 

 

特にストライク先行時

 

狙い球の球種とコース
これだけはしっかりと
ブレずに自身の中で明確化し

 

2ストライクに追い込まれたら
とにかく狙い球以外は
ファールに徹して粘ること

 

カットってね
とにかく振り遅らせて
軽く当てる事が凄く大事

 

他球団は低めとアウトコースを
捨ててファールした方がいいと
判断して実行している球団もある

 

 

それが一番の理想であることは
言うまでもない

 

 

下らない見逃し三振

中途半端なスイング三振

 

 

これ徹底して直すべきです
相手バッテリーを喜ばせても
阪神は何一つ得にはならないのだ

 

 

当れば飛ぶボールなのだ

 

 

粘って頑張れば
絶対に球数も増えるし

絶対に失投だって出て来る

 

 

その失投を呼び込む事を
今年は一切していない気がする

 

 

この状況下は
ヘッドコーチも
しっかりと重要課題として

 

提議した上で
チーム全体の課題として
徹底して取り組まなければ

 

際どいコースに
やられまくってしまうだろう

 

 

チーム打率が低くて
得点圏打率が低い

 

大きな原因でもあると
筆者は痛感した試合でもあった

 

 

しかし今日は
投手力の差で

 

流れを引き戻して勝てた勝利

 

嫌な展開を我慢して
流れを自軍に持ってきて

打ち勝った勝利でもあった

 

 

しかしストライクゾーン対策は
絶対に対応策を考えるべきだと思う

 

 

それが巨人と広島が出来て
阪神が出来ていない部分の筈だから

 

 

ヘッドコーチ
マジで頼むわ(汗)

 

     

 

**************************************

この記事が良かったと思われた方は是非、
ランキング投票願います

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ    

 

また、Facebookでのいいね
Twitterでのリツイートでの拡散
ご協力もお願いします

 

虎心不動のツイッターとFacebookはこちらになります
フォロー、お友達申請お待ちしております

虎心不動ツイッター    虎心不動Facebook

 

虎心不動への質問やご意見は下のメール画像をクリック
ご遠慮なくメールくださいませ
返信遅い時多々あります
質問コーナーにて返信する時もありますw

**************************************